m3.com トップ>記事検索結果

「診療情報提供書」の検索結果

  • 減薬後の処方「先祖返り」の訳【時流◆多剤併用・減薬】

    カテゴリー:臨床ニュース 11月15日

    組みはありますか。  はい。チームの立ち上げ当初から、当センターの主治医からかかりつけ医への診療情報提供書に薬剤を減らした際の状況を詳しく書いてもらうようにしています。さらに、薬剤師からも調剤薬局の薬
  • 「妊産婦の自殺を防げ!」、地域の診療連携の評価を検討

    カテゴリー:医療維新 10月12日

    日医副会長・今村聡氏:地域での有機的な連携は大事だが、具体的にどんなイメージなのか。医療機関同士は診療情報提供書で連携している。診断が付かなかった場合など、これらでは不十分なので、全体として別の評価を考えて
  • 「奈良あんしんネット」を全県下に - 広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 9月4日

    保健所が作成したフォーマットです。患者さんが退院して、在宅に移行する際、医療に関する情報は、診療情報提供書で共有できます。一方、「退院調整情報共有書」は、ケアマネジャーなどが主に作成するもので、退院か
  • 「在宅と救急」の在り方巡り、300人が議論

    カテゴリー:医療維新 7月23日

    は、在宅における救急要請のガイドラインの作成や、救急と在宅間でのキャリアパス、教育、「簡易な診療情報提供書」のフォーマット作成が求められるなどの意見が出た。会場からは、救急搬送要請を受けた消防が自動的
  • 発症までの経緯として裁判所が認定した事実-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 6月5日

    なかった。 ウ サーモグラフィー検査(3月15日)  左前腕の皮膚温低下が認められた。 エ 診療情報提供書  H医師は、診断名をCRPSおよび甲状腺手術後とし、「症状経過などとして術前点滴の留置針が皮
  • 損害賠償金30万円、患者の自己決定権を侵害-横浜地裁判決を詳報◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 5月14日

    、証拠として提出されている診療記録上、同日に血圧検査をしたとする記録は見当たらず、前医からの診療情報提供書にも血圧に関する記載はないから、医師の主張は疑わしいと言わざるを得ない。もっとも、入院中に女性
  • CT後に心臓カテーテル検査をすることの是非-横浜地裁判決を詳報◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 5月5日

    かりつけがなく近医での血圧コントロールを含めたご加療の継続を本人が希望しています」と記載した診療情報提供書を作成した。  女性は、退院する直前の医師面談において、医師から明らかな総腸骨動脈瘤が認められなかったと説明された。
  • 「安全、簡単、安価」、ネットで画像情報提供

    カテゴリー:医療維新 3月7日

    方で算定できることが特徴」と評価。その上で、「netPDIは、診療情報提供書に付随した情報のやり取り。患者が紹介先に、紙の診療情報提供書を提出した時点で検査・画像情報の提供にも同意をしたと見なすことが
  • 「京都府立医大、創設以来の危機」、中川副学長

    カテゴリー:医療維新 3月2日

    、学内で患者と会うことは相当ある」と説明。荒田事務部長は、高山受刑者の受け入れは、他院からの診療情報提供書に基づく紹介であると説明。「本院での治療が必要と判断し、治療が始まった。反社会勢力であることは
  • 若手医師のわいせつ事件続き「誠に遺憾」、横倉会長

    カテゴリー:医療維新 3月1日

    ス「MEDPost」をリリースしたことを報告した。日医が発行する医師資格症を使うことで安全に診療情報提供書や画像情報などをやり取りできるものもので、診療報酬状の加算にも対応している。受け付け開始は3月
  • 院内事故調報告書が裁判資料に、愛知県がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2月11日

     そこで、女性と夫も、がんを専門とする医療機関での診療を希望し、3月6日、入院中の女性に代わり夫が診療情報提供書や検査結果などを持参して、セカンドオピニオンのために愛知県がんセンター中央病院(以下、被告病院
  • 研修医、非専門医の急性心筋梗塞見落としの責任は?

    カテゴリー:医療維新 2016年10月23日

    すぐに長崎大学病院に移送する必要があると説明された。この移送の際にC医師から長崎大学病院への診療情報提供書において「本日16時に当院内科外来を受診しています。その際はいったん帰宅となっています(後で心
  • 前施設からの食種情報確認不足に警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月17日

    前施設では全粥や刻み食などが提供されていたのに、転院先では常食が提供された。背景には、医師が診療情報提供書に書かれた食種を確認しなかった、前施設からの情報がないままとりあえず常食をオーダーした、前施設
  • 医師資格証の発行数が急増、診療報酬改定で

    カテゴリー:医療維新 2016年6月9日

     急伸について、日医常任理事の石川広己氏は、2016年度診療報酬改定で、医療連携の推進を目的に、医師資格証などの電子署名を使って、診療情報提供書等を電子的にやり取りした場合の点数が新設されたことが原因と分析した。この4月には日医会員の医師
  • 医師資格証、日医会員は年会費無料化

    カテゴリー:医療維新 2016年3月29日

    ていきたい」と説明した。  今年4月から診療情報提供書および検査結果・画像情報等について電子的にやり取りした場合に加算が算定できるようになる(『診療情報提供書、「ネット送受信」可能に』を参照)。質問し
  • 断食中の患者が来たら?外国人対応を学ぶ

    カテゴリー:医療維新 2016年2月22日

     原氏が挙げる今後の課題は、院内の体制作りや治療費の問題など。「院内の体制作り」では、外国語で診療情報提供書などを作成できる事務職の養成、英語ができない医療従事スタッフへの研修といった対応のほか、医療通
  • 外国語で診察、賛成?反対?

    カテゴリー:医療維新 2016年2月22日

    開業医】 ・救急外来で。フランス人が日本では認可されていない用法でクレキサンを処方されている診療情報提供書を持っていて、勉強になった。【勤務医】 ・南米から来ていた妊婦さん。日本語はもちろん、英語もで
  • 診療情報提供書、「ネット送受信」可能に

    カテゴリー:医療維新 2016年1月27日

    、患者紹介に当たって、診療情報提供書および検査結果・画像情報等について電子的にやり取りした場合の点数を新設する方針を決めた(資料は、厚生労働省のホームページ)。  診療情報提供書には現在、署名または記
  • CTは64列以上、MRIは3テスラ以上を高評価

    カテゴリー:医療維新 2015年12月12日

    ウトカム基準を満たした場合に評価する。医療機関の連携とIT化が進む中、「署名・捺印」が必要な診療情報提供書を見直し、電子的な署名と送受信を認める。  これらはプラスの評価と言えるが、一方でマイナスの評
  • 業務の2割は「医師でなくても可」◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2015年10月15日

    書類の作成、特に生命保険の書類、コストの請求 診断書などの書類作成 保険関係や役所関係の用紙の記入 診療情報提供書作成 介護保険主治医意見書 <その他> 治験、臨床試験や学会のためにメーカーとの打ち合わせや、データ収集。
  • 「動脈穿刺採血」も看護師業務◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

    に任せっぱなし) 患者移送・清潔援助・食事介助・排泄介助・認知症患者の見守り ◆事務作業等 診療情報提供書の代筆 継続先医療機関との調整 生活習慣病指導 入院時書類作成 退院調整 医師の代行での処置やカルテ入力
  • 「医師トップのヒエラルキー」転換、在宅のカギ

    カテゴリー:医療維新 2015年2月16日

    れるという。「これが在宅医療の醍醐味」(吉澤氏)。  吉澤氏は、病院から在宅に移行する際の「診療情報提供書」も、再考する必要があるとした。「治療歴などは簡潔でいい。判断した予後や起こり得る合併症、本人
  • 病診連携で「手遅れ」を防ぐ【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年2月5日

    医からも積極的にセカンドオピニオンを勧めてほしい。新しいタイプの電子カルテシステムであれば、診療情報提供書の作成も簡単にできるし、紹介に伴う保険点数も付きます。  紹介時の判断が違っても「問題ない」
  • 「他院受診依頼の経験あり」8割、「勝手受診」問題も浮き彫りに

    カテゴリー:医療維新 2010年5月19日

    もちろん、入院先に申し出ずに来院する。当院では、「入院中ではないか」との確認を徹底している。診療情報提供書なしで来院するケースが多い(有床診・眼科) ・ 整形外科有床診に入院中。家族が本人の代わりに降