m3.com トップ>記事検索結果

「認知症地域包括診療料」の検索結果

  • 「小児抗菌薬適正使用支援加算」、80点の高評価

    カテゴリー:医療維新 2月7日

     +機能強化加算80点  +小児抗菌薬適正資料支援加算 80点  さらに地域包括診療料・加算、認知症地域包括診療料・加算、薬剤服用歴管理指導料、小児科外来診療料、小児かかりつけ診療料の算定要件に、「抗菌薬
  • オンライン診療料70点、医学管理料100点

    カテゴリー:医療維新 2月7日

    ・特定疾患療養管理料、小児科療養指導料、てんかん指導料、難病外来指導管理料、糖尿病透析予防指導管理料、地域包括診療料、認知症地域包括診療料、生活習慣病管理料のいずれかを算定している初診以外の患者で、かつ当該管理に係る初診から6月以上経過した患者。
  • かかりつけ医機能「機能強化加算」80点、初診3割アップ

    カテゴリー:医療維新 2月7日

    ◆初診料の「機能強化加算」:80点(新設) 【算定要件】 ・地域包括診療加算、地域包括診療料、認知症地域包括診療加算、認知症地域包括診療料、小児かかりつけ診療料、在宅時医学総合管理料(在宅療養支援診療所または在宅療養支援病院に限
  • オンライン診療料を新設、「初診から6カ月以上」が対象

    カテゴリー:医療維新 1月26日

    特定疾患療養管理料、てんかん指導料、難病外来指導管理料、糖尿病透析予防指導管理料、地域包括診療料、認知症地域包括診療料、生活習慣病管理料または在宅時医学総合管理料を算定している初診以外の患者で、かつ、当該管理
  • 「常勤換算で2人以上」も可、診療所の地域包括診療料・加算

    カテゴリー:医療維新 1月24日

    度診療報酬改定の答申時に決定する(資料は、厚生労働省のホームページ)。  これらの改正は、認知症地域包括診療料・加算でも行う。地域包括診療料・加算は、かかりつけ医機能を評価する点数。2018年度診療報
  • 初診料「機能強化加算」新設、大病院は「400床以上」

    カテゴリー:医療維新 1月24日

    ◆初診料の「機能強化加算」の算定要件  地域包括診療加算、地域包括診療料、認知症地域包括診療加算、認知症地域包括診療料、小児かかりつけ診療料、在宅時医学総合管理料(在宅療養支援診療所または在宅療養支援病院に限
  • かかりつけ医は1人?複数?登録制?

    カテゴリー:医療維新 2017年2月22日

    度改定では地域包括診療料・加算が新設、2016年度には同診療料・加算の要件緩和されたほか、認知症地域包括診療料・加算が新設された。2018年度改定でも、外来の機能分化を進める上で、かかりつけ医機能の評価が焦点になる。
  • 長期投薬、「ルール変更でなく考え方の整理」- 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2016年4月12日

    改定を行いました。 ――かかりつけ薬剤師包括管理料では、医療機関側が地域包括診療料・加算、認知症地域包括診療料・加算を算定している患者さんが対象になります。医療機関と薬局が今まで以上に連携することが求められます。
  • 大病院の定額負担、「徴収が目的にあらず」- 宮嵜雅則・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2016年3月31日

    ・加算が新設され、その対象疾患は、「高血圧症、脂質異常症、糖尿病、認知症」です。今回新たに認知症地域包括診療料を新設し、認知症を別建てにした狙いは(『認知症かかりつけ医は原則1医療機関のみ』を参照)。
  • かかりつけ医は1人に限らず - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2016年3月11日

    きます。  認知症は、地域包括診療料・加算の算定対象となる4疾患に入っていました。新設の「認知症地域包括診療料・加算」は、高齢社会で認知症が重要な疾患になる中で、「他の疾患、プラス認知症」ではなく、「
  • 認知症かかりつけ医は原則1医療機関のみ

    カテゴリー:医療維新 2016年3月7日

     3月4日に厚生労働省が開催した2016年度診療報酬改定の説明会で、かかりつけ医の機能評価を目的に新設される認知症地域包括診療料・加算について、原則一人の患者につき一つの医療機関のみ算定可能であることが確認された(詳細
  • 「医師と薬剤師」間の情報提供、疑義照会増加

    カテゴリー:医療維新 2016年3月6日

    が求められる。 ・かかりつけ薬剤師包括管理料(調剤)  対象は、「地域包括診療料・加算」「認知症地域包括診療料・加算」の算定患者。医療機関は、「当該患者が受診している医療機関のリストおよび当該患者が、
  • 「かかりつけ薬剤師」の有無で点数に大差

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    クな点数で、医療機関が算定する「地域包括診療料」「地域包括診療加算」、今改定で新設された「認知症地域包括診療料」「認知症地域包括診療加算」のいずれかを算定する患者を対象とする。包括点数で1回270点(
  • 認知症患者、小児のかかりつけ医、評価を新設

    カテゴリー:医療維新 2016年2月11日

    る「かかりつけ医」の普及を目指す。  複数疾患がある認知症患者の主治医機能の評価として、「認知症地域包括診療料・加算」を新設するほか、3歳未満の小児が継続して受診する場合に「小児かかりつけ診療料」が算
  • かかりつけ医を重点評価、小児も対象に

    カテゴリー:医療維新 2016年1月27日

    設する。地域包括診療料の届出をしている医療機関は、認知症および他の疾患もある患者に対して、認知症地域包括診療料・加算が算定できることになる。包括診療料は患者1人に対し月1回のみ、加算は再診料に加算する