m3.com トップ>記事検索結果

「調剤報酬改定」の検索結果

  • 働き方改革など、診療報酬改定の結果検証を調査

    カテゴリー:医療維新 5月23日

    の見直しの影響及び歯科疾患 の継続的管理等の実施状況調査 ・かかりつけ薬剤師・薬局の評価を含む調剤報酬改定の影響及び実施状況調査 ・後発医薬品の使用促進策の影響及び実施状況調査  働き方改革に関する項
  • 「地域支援体制加算」は35点、8項目の「実績要件」

    カテゴリー:医療維新 2月10日

     2018年度の調剤報酬改定で、薬局に大きな影響を与えると想定されるのが、調剤基本料への「地域支援体制加算」(35点)の新設に伴い、「基準調剤加算」(32点)が廃止された点だ。  「基準薬局加算」でも
  • かかりつけ薬剤師「患者の同意取得、薬局在籍要件」を強化

    カテゴリー:医療維新 1月24日

     薬局については、薬という「モノ」のみを扱う業務よりも、患者の服薬管理など対人業務を評価するという過去数回の調剤報酬改定のトレンドを、2018年度改定で一層強化する(資料は、厚労省のホームページ。『大型チェーン、門前・門内薬局に再びメス』などを参照)。
  • 日薬、医科と調剤の改定率配分維持に感謝

    カテゴリー:医療維新 2017年12月19日

    ばならぬこととも理解している」としている。 見解の全文は次の通り。 【2018年度診療報酬(調剤報酬)改定等について】  本日、厚生労働大臣と財務大臣による折衝が行われ、2018年度の診療報酬改定(診
  • 2016年度改定検証、5つの調査票案を承認

    カテゴリー:医療維新 2017年6月29日

    (2)医薬品の適正使用のための残薬、重複・多剤投薬の実態調査並びにかかりつけ薬剤師・薬局の評価を含む調剤報酬改定の影響及び実施状況調査 ・保険薬局調査:かかりつけ薬剤師指導料の届出を行っている保険薬局の中か
  • 「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長

    カテゴリー:医療維新 2017年6月26日

    回日医定例代議員会で、院内処方と院外処方の技術料格差を問題視、整合性が図れるよう、2018年度調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会で議論していく方針を説明した。リフィル処方には反対するほか、特
  • 院外と院内処方、調剤報酬に6.6倍の開き

    カテゴリー:医療維新 2017年3月29日

    点、かかりつけ薬剤師・薬局での調剤は178点で、約6.6倍の開きがある……。  2018年度の調剤報酬改定に向けてキックオフとなった、3月29日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大
  • 在宅医療で必要なフィジカルアセスメント

    カテゴリー:医療維新 2016年9月28日

     これからの薬剤師には臨床能力が求められます。フィジカルアセスメントの技術習得はその一翼を担うものと思われます。  2018年度調剤報酬改定では、地域包括ケア推進の一環として「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤師包括管理料」が新
  • 後発医薬品の使用状況等、9項目を調査

    カテゴリー:医療維新 2016年5月18日

    (6)医薬品の適正使用のための残薬、重複・多剤投薬の実態調査並びにかかりつけ薬剤師・ 薬局の評価を含む調剤報酬改定の影響及び実施状況調査 (7)ニコチン依存症管理料による禁煙治療の効果等に関する調査 (8)公
  • 今、薬局に求められる地域貢献の在り方

    カテゴリー:医療維新 2015年11月2日

    薬局の生き残りにかけた「つばさ薬局」の取り組み  現在、厚生労働省では2016年度の調剤報酬改定に向けた審議が行われています。そこでは、前回の改定の流れを受け、「かかりつけ薬局」への移行を促すような調剤報酬の改訂が検討されています。
  • 「調剤バブル」、医薬分業への批判相次ぐ

    カテゴリー:医療維新 2015年7月23日

     中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授長)は7月22日、次期調剤報酬改定に向けて、調剤報酬に関する議論をスタートした。6月に政府が閣議決定した規制改革実施計画で、「調
  • 2015年薬局業界のトレンド

    カテゴリー:医療維新 2015年7月13日

    。これらの会議では医薬分業の費用対効果や患者のメリットに対する厳しい意見が出ており、16年度の調剤報酬改定に暗い陰を落としている。  薬局関係者はこうした現状をどう受け止めるべきなのだろうか。そもそも
  • 長期処方の対応が焦点に―2016年調剤報酬改定への議論

    カテゴリー:医療維新 2015年7月9日

    分割調剤拡大かリフィル処方箋制度導入か中央社会保険医療協議会(中医協)において、2016年度診療報酬改定に向けた議論が動き出しました。今後は、16年度予算の概算要求が出揃う15年8~9月に、議会が本格...
  • ジェネリック医薬品の今と未来を考える 第2回

    カテゴリー:医療維新 2015年6月25日

     以上の調査客体は461薬局、回答者は管理薬剤師又は開設者である。これらの薬局は、もともとは調剤報酬改定の影響調査のために協力いただいていた薬局だ。中央社会保険医療協議会などが行っている薬局調査は調