m3.com トップ>記事検索結果

「輸液」の検索結果

  • ザックリ!今週のニュースまとめ読み

    カテゴリー:医療維新 9月18日

    教授の次の言葉を待った。(続きはコチラ) 【月曜日】9月13日 責任大きい「帰宅判断」、デルタ株で輸液対応も増加 臨時「酸素投与施設」で医師に求められる役割とは [オピニオン]  特定非営利活動法人ピ
  • 「胆石胆嚢炎」として朝まで診ていたらショックに陥る

    カテゴリー:臨床ニュース 9月15日

    研修医は上籍医と相談し、胆石胆嚢炎として救急室観察ベッドに入院させ、翌朝に主治医にバトンタッチの方針となった。輸液路確保、採血、解熱鎮痛薬、抗菌薬の点滴静注を開始し、血液検査はWBC 14,000、CRP 4.6、AST
  • 責任大きい「帰宅判断」、デルタ株で輸液対応も増加

    カテゴリー:医療維新 9月13日

     医師としての役割は、入所時にPPEを着て診察を行い、酸素飽和度が低い方には酸素投与、高熱が続き食事摂取が困難な方には輸液、対症療法としての内服の指示を行った。基本的には入院調整を前提に入所してくるが、中には咽頭痛がひど
  • このクイズのキャンペーン参加期間は終了しました

    カテゴリー:臨床ニュース 9月8日

    山で採ったキノコを食べて食中毒を起こした患者。対応の一手目として適当でないものは? A 催吐 B 胃洗浄 C 輸液 D カテコラミン投与 E 活性炭投与 以下の記事にヒントがあります。 自然毒による食中毒(キノコ、フグ、シガテラ中毒)
  • 小児外科医が開業、クリニック名はどうすべきか

    カテゴリー:医療維新 9月5日

    熱傷では熱傷面から大量の水分が失われるため、急性腎不全になる危険がある。そのため、輸液管理が非常に重要になる。この輸液管理は大変難しく、この仕事は小児外科医でなければできない。ぼくは大学時代、広範囲熱傷の治療をさんざんやってきた。
  • ザックリ!今週のニュースまとめ読み

    カテゴリー:医療維新 9月4日

    で開設した酸素ステーション(130床)の使用率が30%未満で推移している。実施できるのは酸素投与や輸液に限られる上、搬送を辞退する療養者も多いという。都は今後も2カ所に酸素ステーションを整備する方針だ
  • 都、酸素ステーションで抗体カクテル療法実施へ

    カテゴリー:医療維新 9月2日

    求めていた。  (都モニタリング会議資料)  都民の城には医師や看護師が24時間常駐し、酸素投与や輸液を行っているが、抗体カクテル療法を行っておらず、1~2泊で退所するケースがほとんどだった。結果的に
  • 都の軽症向け酸素ステーション、使用率30%未満、搬送辞退も続出

    カテゴリー:医療維新 9月1日

    で開設した酸素ステーション(130床)の使用率が30%未満で推移している。実施できるのは酸素投与や輸液に限られる上、搬送を辞退する療養者も多いという。都は今後も2カ所に酸素ステーションを整備する方針だ
  • 糖尿病治療中、全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐

    カテゴリー:臨床ニュース 8月25日

    あるいは ② 10単位静注、以後、5~10単位、筋注、1時間ごと 輸液が不十分な状態でインスリンが投与されると、ショックになりうる! ●輸液 ① 最初の1時間に生理食塩水1~2 L、以後、1 L /時で3~4時間持続。
  • ICU患者の90日死亡率、輸液の種類で差なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月23日

     ブラジルの75施設で、転帰不良の危険因子が1項目以上あり輸液負荷を要するICU入室患者を対象に、調整輸液と0.9%生理食塩水効果を二重盲検要因デザイン無作為化臨床試験で比較(BaSICS試験)。主要
  • 熱傷診療ガイドライン第3版が公開

    カテゴリー:臨床ニュース 8月19日

    症度の熱傷であり、外来通院のみで治療が可能な重症度の熱傷は対象に含まれていない。  CQは、「初期輸液にアルブミン製剤の併用は有用か?」「広範囲熱傷に対して早期手術実施時に人工真皮の貼付は有用か?」「
  • ICU患者、輸液注入速度で90日死亡率変わらず

    カテゴリー:海外ジャーナル 8月19日

     ICUに入室した重篤患者に用いる輸液負荷(fluid challenge)の注入速度によって90日生存率が改善するかを要因デザイン非盲検無作為化試験で検討(BaSICS試験)。転帰不良の危険因子が1
  • 末梢からの輸液に気付かず採血し検査に手間取る【解説】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月15日

    ト事例(※)から原因や対策を知る「医療事故、ヒヤリ・ハット事例に学ぶ」シリーズ。今回は「末梢からの輸液に気付かないまま採血して検査に手間取った」事例を取り上げます。 ※出典:公益財団法人 日本医療機能評価機構の「医療事故情報収集等事業」
  • 高齢者の「下痢ぎみ」にだまされるな

    カテゴリー:臨床ニュース 8月11日

    体診察も異常を発見できず、心電図も異常なく、「下痢による脱水?」という疑いでラクテック500を1本輸液され自宅経過観察ということで帰った。2日後の明け方、救急車にて心肺停止状態で運ばれてきた。 この患者には何が起きていたと思いますか?
  • 当初、痔の出血と思われた大量の下血

    カテゴリー:臨床ニュース 8月4日

     もし出血が持続していて、循環状態が輸液・輸血で安定しない場合は、手術室にて大腸ファイバースコープで病変を確認し、そのまま緊急手術する。  出血が持続しているが、輸液・輸血で循環が安定しているなら、まず
  • 汎用輸液ポンプが一部自主回収

    カテゴリー:臨床ニュース 7月30日

     医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど、メテクの「汎用輸液ポンプ」(商品名:キュアセンス輸液ポンプIP-100)1135台の自主回収情報(クラスII)を発表した。当該製品のドアヒンジ本体に圧入
  • 過去に使用した造影剤でCT中にアナフィラキシー【解説】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月25日

    15:55、血圧107/93mmHg、心拍数50/分、SpO295%、末梢冷感著明。右手に末梢ルート確保し輸液を追加で開始。聴診で気道狭窄音聴取。RRTが現場到着。 15:58、血圧142/112mmH、心拍数71/分、SpO289%
  • 高齢者の激しい腹痛

    カテゴリー:臨床ニュース 7月21日

    ●急性腹症“Do!!” ① ショック~低血圧患者は急変しうる:重症心血管系疾患、大出血から考える! ② 輸液ルートは太い(18G)静脈留置針で! ショックなら最低2カ所 ③ 高齢者で、腹部全体の激痛なのに触
  • 上腹部痛の持続、微熱でショックに陥る

    カテゴリー:臨床ニュース 7月7日

    8℃(口腔内計測)以下で菌血症が認められる場合には、肺炎、尿路感染、胆道感染、腹腔内感染、心内膜炎、蜂窩織炎、輸液路感染などが多いとされている。 3 悪寒と血液培養 悪寒の記載は ① shaking chill(悪寒戦慄)
  • 単回使用クラスIV処置キットが一部自主回収

    カテゴリー:臨床ニュース 6月26日

    21年4月8日-6月17日出荷の同「泌尿器科キット」1096組。  キット構成品のテルフュージョン輸液セットについて、構成品供給元の滅菌方法がγ線から電子線へ変更されていたことが判明し、調査の結果、滅
  • 進行胃がんの経口摂取、2次化学療法以降も十分改善せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月23日

    )患者589例を対象に、その後の化学療法中の経口摂取状況を後ろ向きに検討。日常的に静脈内輸液または高カロリー輸液を要する状態を経口摂取不十分と定義した。  化学療法中の増悪時に十分な経口摂取が認められた患者の割合は、1次療法78
  • 臨床検査技師、救急救命士もワクチン接種可能に

    カテゴリー:医療維新 6月1日

     臨床検査技師は外来や健診等で「血液検査のための静脈からの採血」、救急救命士は救急救命処置として「乳酸リンゲル液を用いた静脈路確保と輸液、エピネフリン等の薬剤の投与」を業務として行っており、人体への注射・採血を実際に行った経験がある。
  • COVID-19自宅療養者のプロトコールを追加

    カテゴリー:臨床ニュース 5月28日

    した「新型コロナウイルス感染症の自宅療養者に対する医療提供プロトコール第2版」で掲載されたもので、輸液療法、酸素療法、酸素投与が必要な患者に対するステロイド投与の方法などが記載されている。この他、解熱
  • 輸液ポンプの流量の入力誤りで注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 4月29日

     日本医療機能評価機構はこのほど、輸液ポンプ・シリンジポンプの流量の入力を誤り、指示の10倍の速度で薬剤を投与した事例について、2016年1月1日-2021年2月28日に11件報告されているとして医療
  • 輸液セット7日ごと交換でもカテーテル関連血流感染増えず

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月28日

    染(CRBSI)予防のための輸液セットの交換頻度を評価者盲検無作為化比較試験で検討(RSVP試験)。1463例を7日に1回(介入群)、1481例を4日に1回(対照群)の輸液セット交換に割り付け、中心静
  • 注射筒輸液ポンプが一部自主回収

    カテゴリー:臨床ニュース 4月14日

     医薬品医療機器総合機構(PMDA)は4月8日、ジェイ・エム・エスの「注射筒輸液ポンプ」(販売名:JMSシリンジポンプSP-520など)2725台の自主回収情報(クラスII)を発表した。一部製品に不具