m3.com トップ>記事検索結果

「退院支援」の検索結果

  • 入院医療、3つの新機能で再編、実績評価も導入

    カテゴリー:医療維新 12月7日

    応するため、入院基本料を「急性期入院医療を提供」、「集中的なリハビリテーションの提供や自宅等への退院支援」、「長期療養を要する患者への入院医療を提供」の3つの機能を軸とした新たな体系に再編・統合し、前
  • 「必要な財源確保が改定の大前提」、中川日医副会長

    カテゴリー:医療維新 10月5日

    救急医療体制の充実も必要。 日本看護協会副会長の菊池令子氏:入院前からの退院支援促進で、医療と介護の連携が進む。外来から退院支援を始めることにより、入退院がスムーズになり、患者家族にとっても安心感が生
  • 連携の好事例「脳卒中連携パス」「フリーの退院支援ナース配置」◆Vol.13

    カテゴリー:医療維新 9月5日

    めに連絡していただき、病院へ早く紹介できた。【診療所】 ・地域リハ広域支援センタ-活動、フリーの退院支援ナース配置、退院後訪問など。【民間病院】 【コミュニケーションの重要性】 ・飲んだり食ったり歌っ
  • 地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月31日

    きています。  研究部門と入退院支援業務の関係ですが、地域の医療機関の情報が最も入ってくるのが入退院支援業務です。「この地域では新しい先生が開業して、みんな持って行っているらしいよ」「訪問看護ステーシ
  • 退院支援・調整、6割の医師が「問題あり」◆Vol.11

    カテゴリー:医療維新 8月25日

    [連載第1回はこちら] Q 病院から退院して在宅医療に移行する際、退院支援・調整で問題を感じることがありますか。  本調査に回答した医師706人のうち、問題を感じることが「ある」とした回答は、全体の58
  • ADLが低下したまま入院患者を帰すのか―田中滋・地域包括ケア研究会座長に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 8月21日

    る病院も増えてきており、良い病院では1階の一番良いところに置かれています。退院時連携では、病院の退院支援ナースとケアマネジャーが主たる担当者とはいえ、副院長クラスの責任者の意識も重要です。 ――病院と地域の連携は誰が担うのでしょうか。
  • 入院時、ケアマネや家族からの情報提供は?◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 8月15日

    [連載第1回はこちら] Q 退院支援を要する患者のうち、入院時にケアマネジャーや家族などから、患者のサービス利用状況・社会背景等の情報提供を受ける頻度はどのくらいでしょうか。  病院に勤務している医師
  • 医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け

    カテゴリー:医療維新 6月30日

    向調査」を実施するなどして、介護施設や在宅医療等の必要量を推計する。「在宅医療の体制構築」では、退院支援、急変時の対応、看取りなどについて具体的数値目標を設定する。  慶応義塾大学名誉教授の田中滋氏は
  • 医療療養「25対1」、2018年度以降も経過措置検討

    カテゴリー:医療維新 4月26日

    帰を促す方針が打ち出された。  2018年度改定でも、「医療区分」の在り方、リハビリテーションや退院支援、看取り関連が検討課題になる。  松本氏はまず、厚労省が提示した「療養病棟の利益率が、一般病棟に
  • 7対1の要件厳格化、診療側と支払側で意見対立

    カテゴリー:医療維新 3月15日

     国公立と民間、診療報酬でどう評価?  厚労省は、(2)の医療機関間の機能分化・連携の関連では、退院支援をはじめ、診療報酬上での評価の現状についての資料を提示。加えて、注目されるのは開設者主体別のデータを提示した点だ。
  • 「治療と就労の両立支援マニュアル」発刊、労働者健康安全機構

    カテゴリー:医療維新 3月13日

    約50人、看護師が20人だった。両立支援コーディネーター業務はMSWが中心になるが、これまでは「退院支援がメーンで、復職支援(両立支援)までなかなか手が回っていなかった」(大西氏)。  昭和大学病院長
  • 在宅医療、二つの「重点分野」で推進

    カテゴリー:医療維新 3月1日

    関連のさまざまな取り組みを実施しているが、中でも興味深いのは、2016年4月から開始した「福井県退院支援ルール」。全県下で、特に介護が必要な高齢者に対し、入退院時に病院とケアマネジャーがスムーズな引き
  • 第7次医療計画、「在宅医療」の方向性固まる

    カテゴリー:医療維新 2016年9月2日

    いうアウトカム指標だけでなく、看取りに至る過程を評価する指標も充実するよう見直す。在宅医療には、退院支援、日常の療養の支援、急変時の対応、看取り――という4つの機能があり、これらを評価する指標をいかに設定するかが課題となる。
  • 在宅医療の整備目標、「サービス実績」導入

    カテゴリー:医療維新 2016年8月3日

    するため、「プロセス」などに着目したサービス実績を指標として導入する方針。例えば、診療報酬上で、退院支援加算や退院時共同指導料など、入院から在宅への移行、医療と介護の連携を推進する点数が設定されており
  • 「7対1の基準」、見直すべきではなかった - 中川俊男・日医副会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2016年3月5日

    。 ――入院関係では、退院支援という視点から、さまざまな評価がなされたことも特徴です(『退院支援、「病棟の職員配置」で600点』を参照)。  入院料に対する加算として「退院支援加算」が新設されました。
  • 抗うつ薬・精神病薬も2剤まで、精神医療

    カテゴリー:医療維新 2016年2月13日

     2016年度診療報酬改定で、精神医療では長期入院患者の退院支援や身体合併症患者の治療や受け入れの評価、薬物依存症や児童・思春期の外来の評価などを新設する一方で、多剤投与 の減算規定や長期の精神科デイ
  • 退院支援、「病棟の職員配置」で600点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月12日

    医療機能の分化・強化」の観点から、退院支援の評価を充実する。病棟への退院支援職員の配置の促進を目的に、一般病棟で600点、療養病棟で1200点が算定できる「退院支援加算1」を新設。退院後の療養上の指導
  • 初再診料は据え置き、2016年度改定を答申

    カテゴリー:医療維新 2016年2月10日

    患者の受け入れ、夜間や休日の救急医療、看取り・重症患者に対応する在宅医療、機能分化を進めるための退院支援などのほか、手術などの医療技術だ。  注目された一般病棟用の7対1入院基本料の施設基準の見直しの
  • 身体合併症の精神患者、受入で加算

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    も新設された。精神保健福祉士などを重点的に配置し、退院後の生活のための訓練や居住先の確保といった退院支援を評価する。  精神科デイ・ケアに関しては、最初の算定日から1年以上経った患者について、新たに週
  • 「2回連続のマイナス」、2016年度改定率決定

    カテゴリー:医療維新 2015年12月21日

    から、かかりつけ薬局・薬剤師への転換迫る』を参照)。  一方、引き上げ項目は、チーム医療の推進、退院支援をはじめ地域医療連携の取り組みのほか、認知症をはじめ高齢社会に向けて増加が想定される疾患の対応に
  • 「サラリーマン医師が増加」「医師に意見を」◆医師調査Vol.12-2

    カテゴリー:医療維新 2015年11月29日

    。 ・嚥下や栄養管理に関する知識不足。 <多職種連携に関して> ・地域包括システムの理解が低い。退院支援への関りが弱い。チームメンバーの一人としての意識が低い。患者・家族に対する接遇が不十分。 ・チー
  • 身体疾患の認知症患者ケア、チーム医療評価

    カテゴリー:医療維新 2015年11月25日

    生労働省のホームページ)。  厚労省は、入院に伴う認知症症状の悪化防止、身体拘束廃止や早期からの退院支援を進めるため、多職種で構成するチームによる回診や院内研修を評価する方針。その根拠として、同省は、
  • 「治し、支える医療」に転換、削減のターゲットは薬

    カテゴリー:医療維新 2015年11月19日

    本医師会副会長の中川俊男氏は、「行きすぎた長期処方の是正」の追加を求めた。また同じく(4)には「退院支援等の取組による在宅復帰の推進」が掲げられているが、(1)から(3)の評価する分野にも入れるべきとの意見が出た。
  • 地域包括ケア病棟に「急性期対応の報酬を」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月30日

    議論する。  28日の総会のテーマは入院医療で、厚労省は「地域包括ケア病棟」「慢性期入院医療」「退院支援」「入院中の他医療機関の受診」の4つの論点を提示。現在、入院患者が他医療機関を受診した場合、入院
  • 「7対1のICU、HCU化?」懸念の声

    カテゴリー:医療維新 2015年10月23日

    どの意見が出たことを紹介した。具体的な方針について、今後中医協で議論する。  このほか、鈴木氏は退院支援や在宅復帰率の加算に関連して、急性期の受け入れも行っている大病院が空床対策に地域包括ケア病棟を作
  • 「かかりつけ機能」「在院日数」の評価がカギ

    カテゴリー:医療維新 2015年10月22日

    なければいけないのか』といった相談」(「知ろう小児医療守ろう子ども達の会」代表の阿真京子氏)、「退院支援と早期の在宅復帰は、患者の安心と納得とは逆の受け止められ方をされている。患者が知らないまま進めら
  • 「医師の雑用減らして」「もっとベッドサイドに」◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2015年10月12日

    ーズが必ずしも一致していないことがうかがえた。 <療養上の世話> 【医師】 入浴介助 退院調整、退院支援等、生活への介入 体位交換 他職種との連絡、調整 身体の清潔保持 食事形態の変更、食事の世話 精
  • 次回改定の「基本方針」、11月下旬にも取りまとめ

    カテゴリー:医療維新 2015年9月17日

    意見が出た。  そのほか、看護の立場からは、日本看護協会から、(1)機能分化と連携を進めるための退院支援と訪問看護強化の重要性、(2)認知症患者への対応、(3)看護師をはじめ、女性が多い医療職場の勤務環境の改善――などを求める意見が出た。
  • 次期改定、外来機能分化もテーマに

    カテゴリー:医療維新 2015年9月13日

    連続性が断たれることが多いことから、「歯科のない病院への支援、協力できるシステムづくりが重要」「退院支援の中に歯科を位置付けてほしい」と述べた。  健保連の白川氏は、厚労省案の中で、かかりつけ薬剤師・
  • 「動脈穿刺採血」も看護師業務◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

    施設内(特に病棟内)の感染対策 ◆診療支援 ERにおけるトリアージ 診察前の準備 診察介助 診察時の証人 入院説明、退院支援 乳がん患者への説明や相談 認知症患者や家族への対応 【増えた診療の補助(看護師の回答)】 ◆処置・検査関係
  • 平均在院日数の短縮、これ以上は容認できず

    カテゴリー:医療維新 2015年6月29日

    た。勤務医の負担についても、入退院が多ければ、退院時サマリーの記載が大変であり、十分な退院調整、退院支援をする余裕もないとした。  さらに中川副会長は、(1)2014年度診療報酬改定では、どの診療報酬
  • 「国民が納得する医療費削減を」「過労死増えそう」◆Vol.14

    カテゴリー:医療維新 2015年1月31日

    。 ・国民が納得する医療費の節減。 ・生活保護に1割でも医療費負担をさせ、無駄な受診を防ぐ。 ・退院支援は結構だが、受け皿がない状態で、現場の会議の量を増やしても、負担にしかならないことを、上は理解していない。
  • 京都発の在宅支援、診療報酬で評価◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年11月11日

    組む医師と病院との協働により、スムーズに受診・入院ができるようになるだけでなく、入院直後から早期退院支援に取り組むことで、退院のしやすさにもつながる。 「在宅療養あんしん病院登録システムの全体像(資料提供:京都地域包括ケア推進機構)
  • 2014年度診療報酬改定を探る◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年4月1日

    して、療養系の病院で値の高くなる項目を削除、より急性期の患者像を絞り込んだ項目に変更する。 4)退院支援の取組への成果評価と入退院前後の療養状況の把握に在宅復帰率を取り入れる。 5)7対1入院基本料を
  • 救急医療管理加算、不適切事例の排除へ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月6日

    産期医療センターなどと連携し、在宅療養を前提に急性期病院でNICU後の重症児を受け入れることや、退院支援を評価することを提案するなど、在宅療養を促す施策を評価する方針が示された。  院内感染防止対策で
  • 精神病床の平均在院日数、微減も460日(2013/11/26 訂正)

    カテゴリー:医療維新 2013年11月22日

    続いている。  2012年度改定から導入した、精神療養病棟入院料算定病棟の入院患者の退院支援計画を作成し、退院支援部署による退院調整を行ったことを評価する「精神療養病棟退院調整加算」の届出率は28.6
  • チーム医療の普及目指し、31施設で事業◆Vol.36

    カテゴリー:医療維新 2012年8月8日

     8日の会議では、「チーム医療実証事業」の報告書案についても議論。同事業は、周術期や急性期リハビリテーション、退院支援調整など様々な場面におけるチーム医療の実践例を集め、業務の安全性や効果(疾病の早期発見・回復促進
  • 「効率的な入院医療」実現に向け、分科会設置

    カテゴリー:医療維新 2012年8月1日

    響調査  入院期間が90日を超える患者(特定除外に該当していた患者を含む)の患者像、患者の割合や退院支援の実施状況等の動向、一般病棟入院基本料(7対1、10対1)届出病棟等における長期入院の実態調査(2012年度調査)との比較
  • 院内感染対策を強化、加算新設へ

    カテゴリー:医療維新 2012年1月31日

    神科入院医療管理料の新設) ・精神科慢性期入院医療の評価(精神療養病床入院料の重症者加算の評価、退院支援加算の新設) ・地域における精神医療の評価(精神科訪問看護の報酬体系の見直し、精神科デイ・ケアの
  • 医師3人体制の在支診・在支病を評価

    カテゴリー:医療維新 2012年1月29日

    ・退院調整を行う部門を設置し、入院7日以内に退院困難者の抽出や調整等を行う場合を「退院調整加算」として評価。 ・退院支援計画を作成し、患者に文書により説明・提供するとともに、当該患者の治療を行う別の医療機関と共有した場合、「地域連携計画加算」として評価。
  • 睡眠薬、抗不安薬の「3剤以上の多剤投与」にメス

    カテゴリー:医療維新 2011年11月3日

    ・入院治療:認知症治療病棟入院料の「30日以内」を評価し、BPSD(認知症の行動・心理症状)に対応、退院支援部署の評価などにより、早期退院を促進。 ・重度認知症患者のデイ・ケア:長時間ケアを評価。 【身体疾患を有する精神疾患患者等の救急医療】
  • チーム医療の実践的事例を提示、推進方策検討WG◆Vol.18

    カテゴリー:医療維新 2011年3月3日

    回復期リハビリテーションチームの取組例(歯科) ・ 回復期リハ病棟における転倒対策 ・ 医療療養病床におけるチーム医療 ・ 退院支援調整チーム ・ 病院薬剤師と薬局薬剤師の連携の取組例 ・ 入院から在宅までの切れ目のない栄養管理
  • 再診料の算定制限案、外来リハビリで浮上

    カテゴリー:医療維新 2011年2月2日

     退院調整の論点は三つ。(1)入院患者に対し、早期から退院後の生活を見越した支援を行うため、入院診療計画に退院支援計画を組み込むことができるか、書式や計画策定の対象などをどうするか、(2)入院患者に対し、当該医
  • 「後期高齢者診療料」「後期高齢者終末期相談支援料」廃止で合意

    カテゴリー:医療維新 2009年12月7日

    」等の批判を受け、既に入院している患者、疾病発症当初から当該病棟に入院した新規患者については、「退院支援状況報告書」の提出により、機械的に減額の対象とすることはしないとの経過措置が設けられている。  
  • 「プロセスと連携」を重視した改定の中身-Vol.10◆

    カテゴリー:医療維新 2008年3月26日

       入院先病院 ⇒ 後期高齢者総合評価加算を算定   (4)(3)の結果、退院困難な場合には、退院支援計画を策定して、退院調整を行った。   病院 ⇒ 後期高齢者退院調整加算を算定  3.退院