m3.com トップ>記事検索結果

「退院調整」の検索結果

  • 「奈良あんしんネット」を全県下に - 広岡孝雄・奈良県医師会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 9月4日

    にも、多職種連携の取り組みを広げていきたいと考えています。  医療と介護との連携に当たっては、「退院調整情報共有書」の使用なども広げていきたい。これは奈良県の中和保健所が作成したフォーマットです。患者
  • 地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月31日

    うか。 竹内公一氏 多くの病院にある地域連携部のように、看護師やソーシャルワーカーが中心となって退院調整を行っています。千葉大病院の独特な点としては、私たちのような研究部門も内部に抱えており、電子カル
  • 女性医師の安定雇用こそ、中小病院の生き残る道 - 勤医協札幌病院◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 7月10日

    0人、診療所は約100人です。介護老健施設の稼動率を上げ、在宅部門を強化すれば、勤医協札幌病院の退院調整もスムーズになります。勤医協札幌病院は、105床のうち一般病床41床の内訳は、10対1入院基本料
  • 診断名「たこつぼ型心筋症」では終わらなかった【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 1月25日

    孔が拡大することはなく、シャント血流も著変はありませんでした。本症例はその後の経過も良好で、現在退院調整中となっています。(続く) 「総合回診」とは:自治医科大学附属さいたま医療センターの初期研修医が
  • 「人生の最終段階」対応、同時改定の課題 - 迫井正深・厚労省保険局医療課長に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2016年11月4日

    退院してもらいたい」と考えるから、「退院調整」という話になるのだと思います。 「2025年」ではなく、「2035年」も見増えて既に動いているという。 ――「退院調整」という言葉自体の見直しも必要。  その点も含めた検討が必要になります。
  • 退院支援、「病棟の職員配置」で600点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月12日

     「退院支援加算1」は、現行の退院調整加算の基準に加え、退院支援職員が入院早期に退院が困難な患者を抽出し、退院支援計画を立案、病棟の看護師らと共同して退院調整を実施することなどが要件。現行の退院調整加算は、日数ごと
  • 身体疾患の認知症患者ケア、チーム医療評価

    カテゴリー:医療維新 2015年11月25日

    の短縮や在宅復帰率の向上などのアウトカムを評価すべき」と求めた。さらに、入院基本料の加算である「退院調整加算」の対象に、認知症患者が含まれていることから、同加算による評価と重複しないよう留意することも必要だとした。
  • 地域包括ケア病棟に「急性期対応の報酬を」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月30日

     退院支援に関しては、算定回数が多い退院調整加算や介護支援連携指導料を中心に簡素化することや、退院支援に専従する職員が幾つかの病棟を受け持ち、多職種カンファレンスの実施等を通じて入院後早期の退院支援に着手するなど退院調整加算を「
  • 業務の2割は「医師でなくても可」◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2015年10月15日

    造影剤同意取得、外来予約日決定 外出許可証のサイン 外来中に追加した検査を受けるための行き方などの案内 退院調整、食事指導、手技の説明 最終的に回ってくる患者のクレーム対応 説明、伝票を渡す、紹介先を探す、患者を診察台に移す補助をする。
  • 「医師の雑用減らして」「もっとベッドサイドに」◆Vol.7

    カテゴリー:医療維新 2015年10月12日

    お互いのニーズが必ずしも一致していないことがうかがえた。 <療養上の世話> 【医師】 入浴介助 退院調整、退院支援等、生活への介入 体位交換 他職種との連絡、調整 身体の清潔保持 食事形態の変更、食事の世話
  • 責任あいまいで診療の補助進まず◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年9月23日

    ・注射の件数 ・創傷の処置 ・静脈注射 ・人工呼吸器の設定変更 ・診療の補助と言えるかは疑問だが、退院調整について、もっと看護師に権限と責任を増やしていきたい。 ・採血 ・今後の治療の目標について家族の意見を聞く。
  • 「動脈穿刺採血」も看護師業務◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年9月11日

    り ◆事務作業等 診療情報提供書の代筆 継続先医療機関との調整 生活習慣病指導 入院時書類作成 退院調整 医師の代行での処置やカルテ入力 電子カルテの入力補助 医師間の伝達調整 回答者の属性は以下の通
  • 平均在院日数の短縮、これ以上は容認できず

    カテゴリー:医療維新 2015年6月29日

    もいるとした。勤務医の負担についても、入退院が多ければ、退院時サマリーの記載が大変であり、十分な退院調整、退院支援をする余裕もないとした。  さらに中川副会長は、(1)2014年度診療報酬改定では、ど
  • 医療変革の必要性、「医療者は自覚しているのか」

    カテゴリー:医療維新 2015年4月19日

    括ケア病棟と、在宅復帰に向けた退院調整だ。看護の立場から見ると退院調整には、(1)退院調整に係る連携不足、(2)退院調整部門の設置不足や退院調整時期の遅れ、(3)退院調整の実効性に係る課題――などがあ
  • 地域医療構想策定ガイドライン、了承

    カテゴリー:医療維新 2015年3月18日

    、「急性期」と「回復期」は600点。「回復期」と「慢性期」は225点だが、さらに在宅復帰に向けて退院調整等を行う期間の医療需要を見込み、175点で推計する。いずれも患者1人1日当たりの出来高換算した診
  • 機能別病床数の推計法が決まる、政府・専門調査会

    カテゴリー:医療維新 2015年3月18日

    」と「回復期」の区分は600点、「回復期」と「在宅医療等」の区分は225点とすることが示された。退院調整等を行う期間も考慮し、175点以上で入院している人も回復期には含まれる。  都道府県ごとにばらつ
  • 7対1入院基本料、改定で4%弱の削減

    カテゴリー:医療維新 2015年3月4日

    ビリの中身を分析、議論することが必要とした。  そのほか、退院を促すために、介護保険との連携や、退院調整関係の点数を整理・検討する必要性なども指摘された。  「療養病床の廃止は困難」  「慢性期入院医
  • 904億円の新基金、7割が民間機関へ

    カテゴリー:医療維新 2014年11月20日

    ・「急性期病床」から「地域包括ケア病床」への転換を促すための施設・設備の整備(石川県) ・地域医療支援病院等が中心となり、退院調整のルール化に向けた検討会の実施や患者搬送車の整備等を行う事業(兵庫県) ・精神科の社会復帰リハ病
  • 2014年度診療報酬改定を探る◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2014年4月22日

    の症状の急性増悪した患者の受け入れ機能、毎日の在宅復帰支援に在宅復帰機能強化加算、さらに退院時に退院調整加算も算定できるように入院から治療を経て在宅復帰まで、療養病棟入院基本料の範囲で医療がサイクルと
  • 2014年度診療報酬改定を探る◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2014年4月8日

     2014年9月末までは経過措置が認められている。7対1入院基本料の算定を維持していくためには、この間に看護必要度の低い入院患者の退院調整を積極的に行い、同時に、より看護必要度の高い患者を受け入れられるよう院内体制を見直すこと、そして
  • 2014年度診療報酬改定を探る◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2014年4月1日

    1)90日超えの入院患者への対策では、90日超えの患者を何人まで抱えられるかを把握し、そのうえで退院調整を始めることが求められる。 2)短期滞在手術等への対策では、自院の出来高報酬を超える項目もあり得
  • 救急医療管理加算、不適切事例の排除へ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月6日

    。  周産期・小児医療については、長期入院児の対策として、新生児特定集中治療室退院調整加算の要件にハイリスク患者の退院調整を早期から行うことを追加。周産期医療センターなどと連携し、在宅療養を前提に急性
  • 精神病床の平均在院日数、微減も460日(2013/11/26 訂正)

    カテゴリー:医療維新 2013年11月22日

     2012年度改定から導入した、精神療養病棟入院料算定病棟の入院患者の退院支援計画を作成し、退院支援部署による退院調整を行ったことを評価する「精神療養病棟退院調整加算」の届出率は28.6%と、導入から3年以上を経ても3割に満たない状況だ。
  • 特定機能病院等の実態調査、今秋実施へ

    カテゴリー:医療維新 2012年6月30日

    どを調査。  地域医療支援病院では、紹介率が承認要件になっている。さらにその詳細を把握するため、退院調整加算をはじめ、地域連携に関係する診療報酬の算定状況を調査。そのほか、今後、在宅医療を担う医療機関
  • 特定機能病院の承認要件、ハードル引き上げ検討

    カテゴリー:医療維新 2012年3月16日

    用の実績、重症救急患者の受け入れ実績など、より定量的な承認を追加したり、地域との連携促進のための退院調整機能を評価する方向で検討される。  15日の議論は、フリーディスカッションの形で展開された。会議
  • 在支診、在支病以外での看取りも期待 - 厚労省保険局医療課長・鈴木康裕氏に聞く◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2012年3月7日

    ――では在宅ですが、退院調整をはじめ、医療と介護の橋渡し、連携部分を様々な調整を行うと同時に、在支診(在宅療養支援診療所)と在支病(在宅療養支援病院)については、明確なメッセージが打ち出されました。
  • 非常に堅実、かつ実態に合わせた改定 - 中医協委員・安達秀樹氏に聞く◆Vol.4

    カテゴリー:医療維新 2012年3月6日

    一歩なのかもしれませんが、何か大きな目玉になる項目があるというより、例えば、医療と介護の連携では退院調整の部分が評価されたり、外来の放射線照射など、現場が困っているところを適切に手当する、非常にきめの細かい改定ではないかと思うですが。
  • 在支診と在支病、「機能強化」で大幅アップ

    カテゴリー:医療維新 2012年2月12日

    れた。  そのほか、在宅医療の関連では、看取り医療の充実、在宅療養への移行がスムーズに進むような退院調整、訪問看護の充実などの視点から改定が行われている(『医師3人体制の在支診・在支病を評価』を参照)。
  • 医師3人体制の在支診・在支病を評価

    カテゴリー:医療維新 2012年1月29日

    )や在宅療養支援病院(在支病)の評価などの在宅医療の充実、在宅療養への移行がスムーズに進むような退院調整、訪問看護の充実などの方向性が打ち出された(資料は、厚労省のホームページに掲載)。  在支診と在
  • 入院診療計画は「パス」で代用可、勤務医の負担軽減

    カテゴリー:医療維新 2011年12月3日

     そのほか、医療連携推進のため、より早期から退院調整を開始するとともに、入院前後でADLが低下するなど、「退院困難」な患者に対して重点的に退院調整を行う体制を評価する方針。具体的には、現在は急性期病棟と慢性期病棟で、退院調整に関する点
  • 薬価引き下げ財源、約5000億円と推計

    カテゴリー:医療維新 2011年12月2日

    6%。以下、消化性潰瘍用剤10.8%、その他のアレルギー用薬10.5%など。 12月2日の中医協では、医療提供体制(医療連携、退院調整など)、行政刷新会議ワーキンググループの「政策提言仕分け」などについても議論。  薬価調査に関連
  • 「金曜日入院」「月曜日退院」にムダあり?

    カテゴリー:医療維新 2011年11月25日

     医療提供体制については、この日の入院医療を皮切りに、外来医療(特定機能病院等での専門特化外来など)、医療連携(退院調整、後方病床連携、在宅 入院連携など)、院内体制(勤務医負担軽減、チーム医療、院内感染対策、リハビ
  • 「医療・介護の連携のハブ」提言、中医協診療側

    カテゴリー:医療維新 2011年10月22日

    だ。  退院後支援については、2010年度診療報酬改定で関連する点数が新設されたが、西澤氏は、「退院調整などの点数が医療側についても、介護側になければ進まない。同時改定ではこの問題に取り組むべき」と指摘。
  • 救急の院内トリアージ、全年齢への拡大検討

    カテゴリー:医療維新 2011年10月19日

    おり、救命救急医療センターにこれらの患者が集中させず、最も適したところで診る仕組みの構築、(2)退院調整や医療連携の推進、(3)トリアージを小児に限定せずに広げる――の三点だ。周産期医療の論点は、(1
  • 「中医協に対する二つの誤解」、遠藤前中医協会長

    カテゴリー:医療維新 2011年10月11日

    1)医療と介護の連携(在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院のあり方、訪問看護ステーションの強化、退院調整のあり方など)、(2)病院医療従事者の負担軽減、(3)認知症対策などの精神医療の問題――など、5
  • 再診料の算定制限案、外来リハビリで浮上

    カテゴリー:医療維新 2011年2月2日

     厚生労働省の中央社会保険医療協議会総会が2月2日開催され、「医療介護の連携」をテーマに、リハビリテーションと退院調整について議論した(資料は厚労省のホームページに掲載)。  リハビリで厚労省が問題提起したのが、外
  • 診療側が次回改定へ向けた検討課題・調査事項を提案

    カテゴリー:医療維新 2010年5月27日

    医療保険と介護保険の給付対象の整理、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、居住系サービスにおける医療提供の整合性、退院調整におけるリハ継続の確保などの連携強化、IT化や日本版RHIO(Regional Health Information
  • 入院の改定案を提出、救急・入院基本料・有床診・勤務医負担軽減など

    カテゴリー:医療維新 2010年1月27日

    ついて、小児加算を新設。 ・ NICU入院患者等の後方病床の充実  NICUに入院する患者に係る退院調整加算、新生児治療回復室(GCU)への受け入れに対する加算を新設。超重症時(者)入院診療を引き上げ
  • 「後期高齢者診療料」「後期高齢者終末期相談支援料」廃止で合意

    カテゴリー:医療維新 2009年12月7日

    討すべき」と述べた。  それ以外の診療所後期高齢者医療管理料、後期高齢者総合評価加算、後期高齢者退院調整加算などについては、今回提出された資料では議論を行うのに不十分であるとして、論点などを整理した上で改めて議論されることとなった。
  • 「プロセスと連携」を重視した改定の中身-Vol.10◆

    カテゴリー:医療維新 2008年3月26日

    算定   (4)(3)の結果、退院困難な場合には、退院支援計画を策定して、退院調整を行った。   病院 ⇒ 後期高齢者退院調整加算を算定  3.退院   (1)入院中の病院の医師が、地域の在宅療養を担当する医師・訪問看護ステーション