m3.com トップ>記事検索結果

「退院調整加算」の検索結果

  • 退院支援、「病棟の職員配置」で600点

    カテゴリー:医療維新 2016年2月12日

     「退院支援加算1」は、現行の退院調整加算の基準に加え、退院支援職員が入院早期に退院が困難な患者を抽出し、退院支援計画を立案、病棟の看護師らと共同して退院調整を実施することなどが要件。現行の退院調整加算は、日数ごとに
  • 身体疾患の認知症患者ケア、チーム医療評価

    カテゴリー:医療維新 2015年11月25日

    短縮や在宅復帰率の向上などのアウトカムを評価すべき」と求めた。さらに、入院基本料の加算である「退院調整加算」の対象に、認知症患者が含まれていることから、同加算による評価と重複しないよう留意することも必要だとした。
  • 地域包括ケア病棟に「急性期対応の報酬を」

    カテゴリー:医療維新 2015年10月30日

     退院支援に関しては、算定回数が多い退院調整加算や介護支援連携指導料を中心に簡素化することや、退院支援に専従する職員が幾つかの病棟を受け持ち、多職種カンファレンスの実施等を通じて入院後早期の退院支援に着手するなど退院調整加算を「充
  • 2014年度診療報酬改定を探る◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2014年4月22日

    症状の急性増悪した患者の受け入れ機能、毎日の在宅復帰支援に在宅復帰機能強化加算、さらに退院時に退院調整加算も算定できるように入院から治療を経て在宅復帰まで、療養病棟入院基本料の範囲で医療がサイクルとし
  • 救急医療管理加算、不適切事例の排除へ

    カテゴリー:医療維新 2013年12月6日

    として挙げられた。  周産期・小児医療については、長期入院児の対策として、新生児特定集中治療室退院調整加算の要件にハイリスク患者の退院調整を早期から行うことを追加。周産期医療センターなどと連携し、在宅
  • 精神病床の平均在院日数、微減も460日(2013/11/26 訂正)

    カテゴリー:医療維新 2013年11月22日

    入院患者の退院支援計画を作成し、退院支援部署による退院調整を行ったことを評価する「精神療養病棟退院調整加算」の届出率は28.6%と、導入から3年以上を経ても3割に満たない状況だ。  2012年度改定で
  • 特定機能病院等の実態調査、今秋実施へ

    カテゴリー:医療維新 2012年6月30日

    を調査。  地域医療支援病院では、紹介率が承認要件になっている。さらにその詳細を把握するため、退院調整加算をはじめ、地域連携に関係する診療報酬の算定状況を調査。そのほか、今後、在宅医療を担う医療機関を
  • 医師3人体制の在支診・在支病を評価

    カテゴリー:医療維新 2012年1月29日

     さらに、効果的な退院調整を行うため、入院7日以内に退院困難者などを抽出して調整を行う場合には「退院調整加算」を、当該患者の治療を行う他の医療機関と退院患者の情報共有をした場合には「地域連携計画加算」をそれぞれ新設する。
  • 入院の改定案を提出、救急・入院基本料・有床診・勤務医負担軽減など

    カテゴリー:医療維新 2010年1月27日

    いて、小児加算を新設。 ・ NICU入院患者等の後方病床の充実  NICUに入院する患者に係る退院調整加算、新生児治療回復室(GCU)への受け入れに対する加算を新設。超重症時(者)入院診療を引き上げ、
  • 「後期高齢者診療料」「後期高齢者終末期相談支援料」廃止で合意

    カテゴリー:医療維新 2009年12月7日

    すべき」と述べた。  それ以外の診療所後期高齢者医療管理料、後期高齢者総合評価加算、後期高齢者退院調整加算などについては、今回提出された資料では議論を行うのに不十分であるとして、論点などを整理した上で改めて議論されることとなった。
  • 「プロセスと連携」を重視した改定の中身-Vol.10◆

    カテゴリー:医療維新 2008年3月26日

      (4)(3)の結果、退院困難な場合には、退院支援計画を策定して、退院調整を行った。   病院 ⇒ 後期高齢者退院調整加算を算定  3.退院   (1)入院中の病院の医師が、地域の在宅療養を担当する医師・訪問看護ステーション