m3.com トップ>記事検索結果

「造影剤」の検索結果

  • 1位聖路加、2位武蔵野日赤、3位亀田、2017年度中間マッチング

    カテゴリー:医療維新 9月23日

    院機構国立国際研究センター(東京)は、2014年度は募集定員を減らしたために4位、2015年度は造影剤誤投与事故等の影響で8位に下がったが、2016年度は5位、2017年度は7位。  「1位希望人数」
  • 裁判の9年、逆境にめげず手術続行◆Vol.20

    カテゴリー:医療維新 9月20日

    れを論文にまとめようと考えた。  手術した皆に手紙を出して、検査に来てもらうようお願いした。昔は造影剤を入れて血管造影しなければいけなかったけれど、既にMRIで分かる時代だった。中には手術をしてから1
  • 次世代への医療継承に貢献-森本紀彦・島根県医師会会長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月25日

    る時は起きるのです。例えば、国立国際医療研究センター病院で起きた)ウログラフインの誤投与事故(『造影剤の誤投与「初歩的、重い過失」、禁錮1年』を参照)。当該医師は、医道審議会で医師免許3カ月の停止とな
  • 中心循環系血管造影用カテーテルで一部自主回収

    カテゴリー:臨床ニュース 7月10日

    4383-0000」「54950-0000」の170本。血管造影中にカテーテル先端のバルーン内に造影剤が流入するとの苦情を受け、同社が調査した結果、同様の不具合の発生の可能性を否定できないことから自主
  • 造影時のステロイド前投薬に学会提言

    カテゴリー:臨床ニュース 7月6日

     日本医学放射線学会はこのほど、ヨード造影剤やガドリニウム造影剤の投与による急性副作用の危険性を軽減する目的でのステロイド前投薬に関する提言を、学会ホームページに掲載した。抗アレルギー効果を期待してス
  • HSGの造影剤、油性と水性で妊娠継続に差

    カテゴリー:海外ジャーナル 6月26日

    を対象に、使用した造影剤が油性(oil-based)か水性(water-soluble)かによる妊娠への影響の違いを多施設共同無作為化試験で検討。6カ月以内の妊娠継続率は油性造影剤群が39.7%で、水性造影剤群の29
  • 胎児のARFI超音波診断に注意喚起

    カテゴリー:臨床ニュース 6月21日

    おける超音波と比べてパルス持続時間が非常に長いことから、生体内での温度上昇や組織への影響、出血、造影剤投与後の生体作用の増大などが懸念されている。  同学会の機器及び安全に関する委員会は、動物実験において音響出力の上限とされるMI1
  • 内分泌性疾患の便秘に下剤は有効?【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 6月16日

    菅原 なるほど。血圧の上昇は発作性だったのですか? 遠藤 発作性だったか……そうですね。最初に上昇した理由は、おそらくCT撮影のための造影剤だったのだと思います。その後、持続性に血圧高値を認めております。一時期、ニカルジピン塩酸塩を使って
  • 造影剤誤飲の肺障害、障害度高いのは?

    カテゴリー:海外ジャーナル 4月3日

     各種造影剤誤飲時の肺への影響および死亡率を、動物モデル(成体雄ウサギ5匹×4群)で比較評価。硫酸バリウム群の2匹、ジアトリゾ酸群の1匹が死亡した。イオジキサノール群および対照(空気)群での死亡はなか
  • 癌組織の温度に応答し薬剤分子集積

    カテゴリー:臨床ニュース 3月13日

    せる方法が可能であることが示された。今後同研究グループは、開発した温度応答性ナノ微粒子内にMRI造影剤やがん治療薬を包接させることにより、短時間、低投与量でのがん診察や、副作用のないがん治療への展開を目指すとしている。
  • 造影剤腎症、生食後押しで予防できず【Lancet】

    カテゴリー:海外ジャーナル 3月7日

     造影剤誘発性腎症リスクの高いeGFR 30–59 mL/min/1.73m2の18歳以上の患者603例を対象に、造影剤検査後の生理食塩水静脈内投与による腎保護効果を前向きに検討(AMACING試験)
  • 次世代医用画像情報システム販売へ

    カテゴリー:臨床ニュース 3月1日

    ルや被ばく線量を管理でき、より低線量の検査プロトコルを共通利用することで被ばく線量を低減できる。造影剤成分レベルまでチェックを行うことで、ジェネリック薬品も含めてより精度の高い安全管理が行える。  増
  • 腰背部痛の疼痛源を探る【米国整形外科学会】(2017/3/13訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2月24日

    状を詳しく突き止め、治療の適切な効果を得るためには単純撮影やより新しいモダリティによる画像診断や造影剤を用いた検査の使用も考慮可能と述べている。  股関節痛および脊椎痛の診断として、著者らはは、変形性
  • 「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2月12日

    扼性イレウスの可能性をまずチェックしなくてはならない。  腹腔内出血が疑われる場合は、造影CTで造影剤の血管外漏出や仮性動脈瘤などの有無などをチェックする。吐下血がある場合にのみ内視鏡を考慮することに
  • 抗菌薬過敏症、キノロン系も多い日本

    カテゴリー:臨床ニュース 1月30日

     薬物アレルギーの被疑薬として、抗菌薬や非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)、造影剤、抗悪性腫瘍薬などが知られている。特に抗菌薬に関してはβラクタム系薬のアレルギーが有名だが、日本ではキノロン系薬の多
  • 低分子化抗体で骨・軟部転移を同時検出【米国核医学分子イメージング学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月16日

    、18例中17例で転移陽性が確認された。内訳は骨転移9件、軟部組織転移14件だった。一方、従来の造影剤(Tc-99m-メチレンジホスホン酸およびFDG)による骨転移陽性はそれぞれ9例と6例。CTまたは
  • 薬剤名未表示注射器での誤投与に警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年11月28日

    の白衣とチトゾールの注射器を置いた。診療放射線技師は、台に置いてある注射器に、他の技師が準備した造影剤が入っていると思い込み、医師へ手渡した。医師は、量が少し多いと思ったが確認しないまま、患者の状態を
  • 造影剤腎症リスクは既報より低い?

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年10月31日

     2009年の全米入院患者サンプルを用いて、成人入院患者における造影剤腎症リスクを推定。急性腎障害(AKI)に比較的多く見られる12診断の有無で層別化したAKI発症率は、造影剤投与群5.5%、非投与群5.6%だった。併存
  • 感音難聴、観察よりMRIの費用効果高

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年10月19日

     非対称性感音性難聴患者に対するMRI[ガドリニウム造影剤を用いたT1強調像(GdT1W)または造影剤なしのT2強調像(T2MR)]の費用対効果を決定木モデルで検討。確率的感度分析の結果、観察よりもM
  • 造影剤誤投与で有罪の医師、医業停止3カ月、医道審議会

    カテゴリー:医療維新 2016年10月1日

    わせて30人(医師15人、歯科医師15人)の行政処分を決定した。国立国際医療研究センター病院での造影剤誤投与による患者死亡で業務上過失致死罪が確定した整形外科医は、医業停止3カ月だった。暴力団組長らに
  • 1位聖路加、2位虎の門、3位横浜市立市民、2016年度中間マッチング

    カテゴリー:医療維新 2016年9月26日

     一方、2年連続で1位だった国立病院機構東京医療センターは4位に順位を下げた。同じく上位常連組の国立国際医療研究センターは、造影剤誤投与事故と募集定員の縮小が相まって、2015年度は順位を落とし、8位になったが、「1位希望人数」
  • 妊娠時ガドリニウムMRIが児リスク増

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年9月23日

    /新生児死亡、4歳までの先天異常、腫瘍、失明/難聴のリスクを上昇させなかった。ただしガドリニウム造影剤を用いたMRI曝露は、全妊娠期間を通じて、リウマチ性疾患、炎症性疾患、浸潤性皮膚疾患、および死産/新生児死亡のリスク増加と関連した。
  • 不整脈治療の効果をMRIで可視化

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年8月10日

    に対するカテーテル治療の効果を非侵襲的に視覚的に認識する方法が求められている。  研究チームは、造影剤を用いて病変部分を映し出す「遅延造影効果」を応用し、国循で心房細動に対するクライオバルーンによるカ
  • 2カ月後に出たウシ型結核菌、原因は……【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月17日

    ロプラム)、葉酸、マルチビタミン、イプラトリウム-アルブテロールの吸入用配合剤。 アレルギー歴 造影剤 生活歴  一人暮らし。退職前は建設関係の仕事に従事しており、アスベストへの曝露歴あり。喫煙は46
  • 「比較的徐脈」ヒントの程度【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月12日

    ロプラム)、葉酸、マルチビタミン、イプラトリウム-アルブテロールの吸入用配合剤。 アレルギー歴 造影剤 生活歴  一人暮らし。退職前は建設関係の仕事に従事しており、アスベストへの曝露歴あり。喫煙は46
  • 5週続く発熱患者「QFT陰性だから」はNG【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年5月10日

    ロプラム)、葉酸、マルチビタミン、イプラトリウム-アルブテロールの吸入用配合剤。 アレルギー歴 造影剤 生活歴  一人暮らし。退職前は建設関係の仕事に従事しており、アスベストへの曝露歴あり。喫煙は46
  • 診断に難渋する管腔臓器破裂診断の極意【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月19日

     今回提示した症例を中心に、病変の場所がヒントになるかもしれない疾患(少し上級編?)をまとめてみました。前述した造影剤アレルギーは空腸に多いですし、また、空腸に出てくる疾患としてHenoch–Schönlein紫斑病
  • 造影アレルギー患者にSMA解離疑い、対応は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年4月14日

    上腸間脈動脈(SMA)解離疑いの患者に造影剤のアナフィラキシーの既往があった。腹部エコーで撮影するも、確認できない。どう対応すべきか。 山形大学医学部放射線診断科助教の豊口 裕樹氏が、実症例を基に腹部
  • 「“事故調”、一粒で二度おいしい」と指摘

    カテゴリー:医療維新 2016年3月20日

    と紹介。満岡氏は、造影剤ウログラフインの誤投与事故を例に挙げ、医師が刑事裁判で有罪になっても事故は繰り返されているとし、紛争解決と責任追及は医療安全につながらないと訴えた(『造影剤の誤投与「初歩的、重
  • 糖尿病で予想外に多い合併症【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年3月14日

    背景です。平均年齢65歳で、男性の方の方が多く、罹病期間は11年で平均HbA1cは8.8%です。造影剤にアレルギーのない患者すべてに320列冠動脈CT検査を実施しました。  75%以上の狭窄病変が80
  • CIN予防にNアセチルシステインが有力

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年2月22日

     造影剤腎症(CIN)予防介入の効果を、無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタ解析で比較。低用量N-アセチルシステイン(NAC)は生理食塩水静注に比べ臨床的意義のある統計的有意な効果が見られた(リスク比0
  • 造影剤腎症、イオジキサノールでやや低

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年2月18日

     造影剤のタイプによる造影剤腎症(CIN)リスクを、無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタ解析で比較。低浸透圧造影剤(LOCM)を比較した5試験の解析では、LOCMのタイプによるCINリスク
  • “事故調”見直し、21条との連動は危険

    カテゴリー:医療維新 2016年1月30日

    ところが大きい。造影剤ウログラフインの誤投与事故を見れば分かるように、過去に医師や看護師が有罪になっても、同様の事件は繰り返し起きるので、刑事処分は再発防止にはつながらない(『造影剤の誤投与「初歩的、重い過失」、禁錮1年』を参照)。
  • 10日前まで症状なかった巨大脳腫瘤【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年1月5日

    森田 では、ここまでに挙がったプロブレムから何を考えていくかに移りましょう。論文には尿浸透圧971mOsm/kgとありますが、これは造影剤を使った後だからこんなに高いのかしら。なぜ書いてあるんでしょう。 上原 そもそもなぜ測ったのかも疑問です。
  • 1位はあの大学の問題、2015年の10大ニュース◆Vol.4-2

    カテゴリー:医療維新 2015年12月27日

    臨床研修医の採用8千人超え、過去最多更新(6月) 37 20 20 国立国際医療研究センター病院の造影剤誤投与問題(通年) 41 12 21 生命科学系の論文80本、不正疑いネットで指摘 (1月) 27
  • 「当事者の責任追及」を正面から否定◆Vol.6

    カテゴリー:医療維新 2015年12月24日

    れていくようになると考えています。 長田 現場の考えを申し上げます。先日、ある病院で起きたのは、造影剤の誤投与事故。この事故は、医療機関側が、個人の問題を指摘し、刑事事件になり、有罪判決が出ましたが、
  • 浜松医大の医学生4人、医療の質・安全学会で発表

    カテゴリー:医療維新 2015年12月2日

    0%)。さらに若手医師の方が、自身の所属する施設が過度に個人に責任を押し付けてくると思うと回答していた。  本邦で発生した脊髄造影剤誤投与事故で刑事事件化した事例における被告人となった医師の平均キャリアは2.8年だ。本年10月より
  • 「レジリエンスで医療安全を」、鹿大病院長

    カテゴリー:医療維新 2015年11月23日

    予測可能だったと判断すべきでないと訴えた。  2014年に国立国際医療研究センター病院で発生した造影剤誤投与による医療事故では、裁判所が「今後、同様の事故を起こさないようにするためにも厳罰が必要だと判
  • “医師有罪”でも続く、造影剤の誤投与事故

    カテゴリー:医療維新 2015年11月23日

    に誤投与した例あり)で、うち死亡したのは13例(死亡率は41%)。回復した事例もあることから、「造影剤の誤投与、イコール死亡ではない」(大磯氏)。  13例のうち、10例(7件)において、最終行為者と
  • STEMIのPCI指針改訂版を公表【米国心臓血管造影検査インターベンション学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年11月6日

    れておらず、改訂版では多枝PCIの適応と時期について「医師は臨床データ、病変部の重篤度と複雑性、造影剤腎症リスクなどを総合して、最適なストラテジーを決定するべき」と解説している。また、最近の無作為化試
  • 国立国際医療研究センター、誤投与事故「10の疑問に回答」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 2015年10月24日

    アラート薬の管理を見直し、実施した。X線透視室では、必要な時にすぐに撮影ができるよう、棚に複数の造影剤を置いていたが、事故後は、ウログラフインを「ハイアラート薬」として扱い、(1)1本ずつ薬剤部から払
  • 国立国際医療研究センター、誤投与事故「10の疑問に回答」◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年10月20日

    」では、本件事故発生の一番の大きな原因は、「当該レジデントの基本的な医学的知識の欠如のみならず、造影剤の注意書きを確認し、それに準拠することを怠ったこと」とした。そのほか、改善すべき点として主に挙がったのは、以下の通り。
  • 国立国際医療研究センター、誤投与事故「10の疑問に回答」◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 2015年10月17日

     造影剤の誤投与事故で揺れた、国立国際医療研究センター病院。事故は2014年4月に発生、患者は死亡。担当した後期研修医は業務上過失致死罪に問われ、2015年7月、有罪判決を受けた(『造影剤の誤投与「初歩的、重い過失」、禁錮1年』を参照)。
  • 業務の2割は「医師でなくても可」◆Vol.8

    カテゴリー:医療維新 2015年10月15日

    診断書の下書き、指名、住所などの記載 <療養関係や患者対応> 薬剤、食事、生活、緩和治療その他の指導 造影剤同意取得、外来予約日決定 外出許可証のサイン 外来中に追加した検査を受けるための行き方などの案内 退院調整、食事指導、手技の説明
  • 東京医療センターがトップ、2015年度中間マッチング(2015/10/5 訂正)

    カテゴリー:医療維新 2015年9月29日

    医療センターが54人で1位となった(昨年の結果は、『国立医療研究センター、4位に後退』を参照)。造影剤による医療事故で、後期研修医に有罪判決が出た国立国際医療研究センター(東京)は、昨年度から10人減り、44人となった。
  • 責任あいまいで診療の補助進まず◆Vol.5

    カテゴリー:医療維新 2015年9月23日

    ・脱水の輸液管理、処方せん発行 ・大学院でNPのコース修了者が最近入職した。今後業務内容を検討する予定。 ・造影剤の穿刺・投与。病棟看護師の抗がん剤投与時の穿刺。内視鏡治療時の介助範囲の拡大。 ・状態変化の少ない