m3.com トップ>記事検索結果

「重症筋無力症」の検索結果

  • 血ガス分析、「何となく」で済ませない【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 7月10日

    」と考えることができます。原因として麻薬系鎮痛薬の影響、脊髄損傷、ギランバレー症候群、さらには重症筋無力症といった疾患を挙げられるようになります。  反対にA-aDO2の上昇を認める場合は、主に「喚起
  • MG薬ソリリス、承認一部変更申請

    カテゴリー:臨床ニュース 3月23日

     米アレクシオンファーマ・シューティカルズは3月8日、抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体陽性の難治性全身型重症筋無力症(gMG)患者の治療薬として、「ソリリス」(一般名:エクリズマブ)の適応を拡大するための生物学
  • 胸腺腫による新自己免疫疾患を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2月24日

    Reports」にオンライン掲載された。  人口の約1%に発症する慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患は、原因が明確でないものも多く、重症筋無力症や全身性エリトマトーデスなど、難病に指定されている疾患が多くある。これまで研究グループは、後天
  • gGM薬「ソリリス」、欧米で承認申請

    カテゴリー:臨床ニュース 1月21日

     米アレクシオン・ファーマシューティカルズは1月9日、抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体陽性の難治性全身型重症筋無力症(gMG)患者の治療薬として、「ソリリス」(一般名:エクリズマブ)の適応を拡大するため、米国食
  • 所見のない脱力緊急搬送例、次の一手は【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月12日

    塞、脳出血、ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)、重症筋無力症、多発筋炎、周期性四肢麻痺、などが挙げられます。  皆さんに考えて頂いた、「患者さんの症状や所
  • オプジーボに改訂指示、死亡例も

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月20日

    報を伝えた。  改訂指示では、重大な副作用の項に「免疫性血小板減少性紫斑病」を追記するほか、「重症筋無力症、筋炎の項に「心筋炎、横紋筋融解症」の記載を加える。また、重要な基本的注意の過度の免疫反応に関
  • 重症筋無力症、胸腺摘出で転帰改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年8月29日

     非胸腺腫重症筋無力症患者126例を対象に、胸腺摘出術の有益性を無作為化試験で検証(MGTX試験)。胸腺摘出+prednisone投与群では、prednisone単独群に比べ、3年間の定量的重症筋無力症スコア(時間加重平均6
  • フルオロキノロンの警告強化

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月27日

     フルオロキノロン系抗菌薬については2008年、11年、13年にも、経口および注射製剤の使用に関連したアキレス腱の炎症や断裂、重症筋無力症の増悪、不可逆性の末梢神経障害などに関する枠組み警告が追加されている。今年5月にはさらに、これ
  • オプジーボ、ヤーボイの個人輸入に警鐘

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月14日

    を投与された患者の10%程度に間質性肺炎の他、甲状腺機能異常、劇症1型糖尿病、自己免疫性腸炎、重症筋無力症が見られ、死亡例も報告されている。そのため同添付文書には「緊急時に十分対応できる医療機関におい
  • DPC見直し決定、診療実態をより評価した体系へ

    カテゴリー:医療維新 2016年1月28日

    技術の実施」を見直す。外科系実績(手術実施症例など)に加え、内科系(重症脳卒中、髄膜炎・脳炎、重症筋無力症クリーゼなど「特定内科疾患25疾患」の症例割合、DPC算定病床当たりの症例件数、対象症例件数)の実績評価を追加。
  • オプジーボ肺癌適応で学会要望書

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月16日

    一般的なものに加え、大腸炎や肺臓炎、甲状腺炎、下垂体炎、皮膚炎、1型糖尿病、筋炎、末梢神経炎、重症筋無力症など、非特異的に免疫反応を増強することに起因するものがあり、死亡例も報告されている。  学会は
  • オプジーボ静注に重大副作用を追記

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年9月15日

    マブ」(商品名:オプジーボ点滴静注20mg、同100mg)について、添付文書の重大な副作用に「重症筋無力症、筋炎」「大腸炎、重度の下痢」を追記するよう指示した。同時に、重要な基本的注意の項に「過度の免
  • アジスロマイシンなどに改訂リスク

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年8月26日

    ルインザ」と「スンベプラ」には血小板減少、メラノーマ抗体医薬「オプジーボ」では過度の免疫反応や重症筋無力症、筋炎、大腸炎、重度の下痢が報告されている。  ほかには多発性硬化症薬「イムセラ」「ジレニア」
  • 白斑の2割で甲状腺疾患など併発【米国皮膚科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年4月2日

    31倍だっただけでなく、線状強皮症が予測の182倍、ギラン・バレー-症候群が予測の137 倍、重症筋無力症が予測の36倍高かった。  Hamzavi氏は、「白斑患者や主治医は併発疾患の可能性に注意すべ
  • 重症筋無力症診療指針を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年11月21日

     日本神経学会はこのほど、重症筋無力症(MG)診療ガイドライン2014をホームページで公開した。今回の指針では、高用量ステロイドの漫然とした長期投与に慎重な姿勢を示し、治療初期から強めの免疫療法で短期