m3.com トップ>記事検索結果

「開業」の検索結果

  • 運転免許更新にかかる認知症診断、現場の本音

    カテゴリー:臨床ニュース 9月22日

    運転免許更新に関わる認知症診断は必要【内科開業医】 認知機能に問題がある場合には運転を続けるべきではない【消化器科勤務医】 認知症は全例、例外なく運転は禁止【脳・神経科勤務医】 明日はわが身……、速やかに返却予定【内科開業医】 患者
  • 下痢に抗菌薬「早く治癒する」「ウイルス性でも処方」

    カテゴリー:臨床ニュース 9月20日

    自由回答) 処方派(常に処方している・処方することが多い)の回答 <とにかく効く> 効くから【内科開業医】 早く治癒する【内科勤務医】 効果があるから【内科勤務医】 効いている気はするから【循環器科勤務医】
  • 医師偏在対策、保険医定数を人口比に - 米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 9月18日

    と思う。  一方で、過重解消に対する政策誘導があまりになさすぎると思います。日本の医師は、標榜科、開業、移動も自由で、偏在するに決まっています。その中で、dutyが課された人たちは、どんな状況でもやら
  • 下痢に抗菌薬「医学的に間違っている」「逆効果」

    カテゴリー:臨床ニュース 9月14日

    <逆効果> 効果不明で、逆に下痢を遷延させることがあるから【内科開業医】 HUS(溶血性尿毒症症候群)やCDI(ディフィシル感染症)が心配【内科開業医】 腸内細菌叢のかく乱につながるから【循環器科勤務医】
  • 勤務医・開業医の地域別の多寡、「指標」で見える化

    カテゴリー:医療維新 9月14日

    中間取りまとめで、「自由開業・自由標榜の見直しを含めて検討」となっている点を挙げ、「かなり踏み込んだ書きぶりになっている」と指摘。「開業する医師にとっては十分な情報がなく、開業して失敗するケースもある
  • 「民間病院再編には県立病院も一定関与」 - 米山隆一・新潟県知事に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 9月13日

    リアパスと、働きやすい環境を作り、医師・看護師を確保する。 ・魚沼基幹病院、県央基幹病院を全面的に開業・運用し、地域における高度医療を実現する。 ・基幹病院、地域医療機関との連携を高め、中山間地での医療体制を維持する。
  • 下痢への抗菌薬、診療科別の処方率は?

    カテゴリー:臨床ニュース 9月12日

    ・調査期間:2017年6月24-30日 ・対象:m3.com会員 ・回答者総数:896人 ・回答者属性:開業219人、勤務医677人 m3.com意識調査「抗菌薬、どう使っていますか?<3>下痢への抗菌薬処方」
  • 「医師不足地域での勤務実績」、病医院の管理者要件に

    カテゴリー:医療維新 9月7日

    医師派遣システムが弱体化したものの、その代替機能がないまま現在に至っているなどと指摘。また、医師の開業地・勤務地の選択の自由が、医師の地域偏在をもたらし、住民の公平に医療サービスを受ける機会を奪うもの
  • 服薬管理のコツ「合剤の活用」が最多

    カテゴリー:臨床ニュース 9月7日

    <合剤の活用> 合剤にするなど使用する薬剤をなるべく少なくしている【内科開業医】 合剤など内服剤数の調整を行っている【内科開業医】 他科で整腸剤が出ていて状態が落ち着いていれば休薬あるいは一種類にする
  • 処方派「患者説得がおっくう」「細菌感染を否定しきれない」

    カテゴリー:臨床ニュース 9月4日

    本人が希望することが多い【整形外科開業医】 感冒には起炎ウイルスに細菌が関与して病状を悪化することが、かなり多いと考えています【循環器科開業医】 単純なウイルス感染とは言えないことが多い【内科開業医】 細菌感染を否定しきれないから【腎・泌尿器科開業医】
  • 自虐ギャグ、カンファで試してマスター

    カテゴリー:臨床ニュース 8月31日

    【脳・神経科勤務医】 ニュース、落語、お笑い番組を利用 ドリフを見て笑う【循環器科開業医】 生の落語を聞く【内科開業医】 アメトーーク!【腎・泌尿器科勤務医】 新しい話題やニュースを知る【外科系勤務医】
  • 地域医療構想調整会議の『調整』を、千葉大病院の取り組み-竹内公一・千葉大病院特任准教授に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月31日

     研究部門と入退院支援業務の関係ですが、地域の医療機関の情報が最も入ってくるのが入退院支援業務です。「この地域では新しい先生が開業して、みんな持って行っているらしいよ」「訪問看護ステーションが潰れた影響で混乱が生じている」といっ
  • 卒業生のネットワークが強み-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月29日

    就職先としては、大企業が多いので、勤続年数に従って、統括産業医になる人もいます。近年は産業医として開業する先生も増えています。産業医の形態としては、独立するときには資格として労働衛生コンサルタントが必
  • 当直中の閲覧注意!「本当にあった怖い話」

    カテゴリー:医療維新 8月28日

    受け、電話の音が大きすぎたためか、夢の事は全く忘れていました。  私はその公立病院を退職後、近くで開業し間もなくその患者さんの娘が受診し、亡き母と父の事を話してくれました。その内容は、霊安室で見た夢の
  • 処方しない派「常識」「将来に大変なツケを回す」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月28日

    コによる上気道炎を起こす間際には処方する場合もあります【産婦人科開業医】 患者さんもあまりいるとは言わない【外科系勤務医】 抗菌薬を開業医に処方された患者がよく夜間外来に良くならないと言ってくるが、効
  • 医療に対する思いだけでは立ち行かない?開業後の苦労

    カテゴリー:医療維新 8月27日

    (月)に実施した意識調査「開業したきっかけは?」において、 開業医に対して開業して良かったどうかを質問したところ、「開業して良かった」とした回答者の割合は9割弱だった(86.1%)。  また、開業することで生じる
  • 勤務医、暗い見通し「開業して儲かる時代は終わった」

    カテゴリー:医療維新 8月25日

    (火)~7日 (月)に実施した意識調査「開業したいと思ったこと、ある?」において、 勤務医の会員に対し、開業をしたいと思うかについて質問したところ、約4割が「開業したいと思う」と回答した(39.3%)。
  • 「余裕がない」「今の職場では難しい」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月24日

     日常診療で「笑い」や「ユーモア」を意識していますか 「誤解される危険」 難しい。誤解される危険もある【内科開業医】 とって付けたような会話は誠意を欠く【外科系勤務医】 病気を最優先にしているから【勤務医】 あ
  • 借金返済、訴訟リスク…開業への懸念

    カテゴリー:医療維新 8月20日

    (勤務医限定アンケート:「 開業したいと思ったこと、ある?」、開業医限定アンケート:「 開業したきっかけは?」参照)において、勤務医、開業医それぞれにどのような方法で開業したい(した)かについて質問したところ、勤務医の約2割(19
  • 「命は神に、病気は先生に任せています」◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 8月20日

     ――当初、開業までの半年間の赴任の予定が、下甑島を離れる機会を逸し、結局、手打診療所での勤務は39年間に及ぶことになった。  離島医療の面白さを感じつつも、気持ちの中では、「早く島を出ないといけない
  • 開業のきっかけ「このままだと人生が使い捨てにされる」

    カテゴリー:医療維新 8月19日

     2017年8月1日 (火)~7日 (月)に実施したm3.com意識調査「開業したきっかけは?」において、 開業医に対し、開業したきっかけについて質問したところ、回答者の割合が一番多かったのは「独自の
  • 抗菌薬の適正使用「医師と患者の“悪徳”が邪魔」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月18日

    はない使用をしている【腎・泌尿器科勤務医】 クラビットやジェニナックを気軽に使い過ぎだと思う【内科開業医】 意識改革が必要【消化器科勤務医】 もう少し処方が減らせるように、大々的にキャンペーンをすべきである【循環器科勤務医】
  • 「笑顔ない医師に診てもらいたくない」

    カテゴリー:臨床ニュース 8月17日

    う人は多い。笑うと下がる人も多い【内科開業医】 受診がおっくうになる患者には、笑いがある外来は敷居が低くなるかも【内科勤務医】 顔の筋肉、咀嚼にも大事【内科開業医】 エビデンスは確立されていないが、笑
  • 年代別・男女別「専門の決め手」

    カテゴリー:医療維新 8月15日

    テーテル検査(土管屋)」しかしていない。「内科」としてつまらない…。(循環器科系/40代男性) ・開業もしくは医局を退局後は、外科医を続けられないと考えたから。(消化器科系/50代男性) ・高血圧、糖
  • 給与を取るか、オフを取るか…転職の決め手とその後

    カテゴリー:医療維新 8月16日

    がローカルルールかがよく分かった。(開業医、30代男性) ・自分の人生は自分で決める覚悟が付いた。引っ越しや海外生活などで家族を振り回した(良くも悪くも)。(開業医、50代男性) ・勤務医時代は医長で
  • 「広域薬は温存」など、医師会員による抗菌薬適正使用の工夫集

    カテゴリー:臨床ニュース 8月14日

    しています。ちなみに、インフェクションコントロールドクター(ICD)の資格を有しています【循環器科開業医】 臨床像の評価を丹念に行い、疾病の原因たる病原微生物の検出(もしくは根拠ある推測)に留意し、地
  • 勤務医の約2割、「頻繁に転職考える」

    カテゴリー:医療維新 8月10日

    れる見込みとなり、自ら「業務不適応」と判断して退職し、運動制限のある右上肢でも業務可能な開業医に移った。(開業医、60代男性) ・大学勤務の過労と低賃金に先が見えなくなったので。ワークライフバランスを
  • 不要な処方望む患者への説明例

    カテゴリー:臨床ニュース 8月7日

    切な投与を行わずに安易に行った場合には、副作用が出た場合にとても損な事態を招いてしまう」【循環器科開業医】 「ウイルス感染症に対しては抗生剤が無効で、抗生剤使用により耐性菌の出現というデメリットがあります」【内科勤務医】
  • 「Dr.コトー、離島医療39年」に終止符◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 8月6日

     ――1978年の赴任当時、開業を計画しており、それまでの半年間だけ手打診療所に勤務する予定だった。それが結果的に長期間にわたったのは、どのような経緯からなのだろうか。  「開業前の半年間なら」という約束
  • 「バランス重視で専門決めた」多いのは何科?◆Vol.2

    カテゴリー:医療維新 8月5日

    ・1日が有意義に過ごせると思った。(60代男性) ・女性であることを武器にできるから。(60代女性) 【眼科】 ・開業しやすいこと。(40代男性) ・まずはマイナーへ進みたかった。そして、手術ができる科(ただし、長時
  • 不要抗菌薬の処方は「正常血圧に降圧薬」と同じ

    カテゴリー:臨床ニュース 8月3日

    ねない【小児科開業医】 専門領域だから【呼吸器科開業医】 治療のため【呼吸器科勤務医】 「処方することが多い」の回答理由 細菌感染症とウイルス性感染症の即時鑑別が困難だから【循環器科開業医】 免疫低下傾向の患者に投与している【内科勤務医】
  • 「まさに日本の医療の貢献者」「生活習慣病啓蒙、偉大な功績」

    カテゴリー:医療維新 7月29日

    ます。【勤務医】 診断治療一辺倒だった時代に、生活習慣病の概念をいち早く啓蒙したのは偉大な功績だ。開業してそのありがたみがよく分かる。【勤務医】 1981年夏、私は米国、カナダの救急医療事情の視察・研
  • 熱中症「水分たっぷりでもなる」

    カテゴリー:臨床ニュース 7月27日

    要。特に学校の先生に【内科開業医】 高齢者では体感が鈍いので時間を決めて水分摂取を促す【内科開業医】 暑い時は、感覚ではなく、温度計で環境を知り、対応することが重要【内科開業医】 熱中症の症状について
  • 「この病院が好き」という気にさせる - JCHO大阪病院◆Vol.3

    カテゴリー:医療維新 7月25日

     ワークライフバランスの改善には、地域との連携も必要です。例えば、産婦人科ではオープンシステムを採用し、地域で開業されている先生方が、当院で分娩を行うほか、小児科、産婦人科では夜間の当直も担当してもらいました。今
  • 熱中症予防で水分摂取を重視する訳

    カテゴリー:臨床ニュース 7月25日

    十分な水分、塩分の補給(主に点滴で)が重要と考える【内科開業医】 水分塩分摂取と発汗での体温低下が必要と考えるので【内科開業医】 屋内でも熱中症になるため。希釈性低ナトリウム血症になることを予防するため【内科開業医】 熱気に暴露される
  • 地域医療構想、医師会独自データで対応 - 菊岡正和・神奈川県医師会長に聞く◆Vol.1

    カテゴリー:医療維新 7月23日

    。  その一環と言えるかもしれませんが、今考えている一つは、最近増加している在宅専門診療所と地域で開業されている先生方が、「顔見知りになる場」を作ることです。両者が今後連携していくことが必要であり、「
  • 尾崎都医会長、2期目が始動、タバコ、五輪対策を重視

    カテゴリー:医療維新 7月21日

    保健、産業保健、老人保健の見直し、および健診・検6.会員が安心して医療に集中できる環境の整備(新規開業・医業継承のサポート、モンスターペイシェント対策等)。 7.次世代医師育成のための医学生、研修医、若手勤務医に対する積極的なサポート。
  • 熱中症の身体冷却、最多回答の選択理由

    カテゴリー:臨床ニュース 7月21日

    冷却は太い血管を中心に、頭部への血流も考えて場所を選ぶ。水分補給は必要。ただし飲み過ぎは下痢となる【内科開業医】 できるだけ早く冷却しないと、大脳の機能に後遺障害が残る可能性がある。とりあえず、体表面の冷却
  • 溶連菌やインフルの予防投与に一言

    カテゴリー:臨床ニュース 7月19日

    溶連菌は普段は自身がそれほど診察する訳ではないが、インフルエンザは毎年多数診察するのでケースバイケースとしか言えない【内科開業医】 インフルエンザ予防内服は効果があると思う。細菌感染に予防内服の効果は低いと考える【耳鼻咽喉科勤務医】
  • 夏休み、「ひたすら勤務」「旅行中でも患者のことが気になる」

    カテゴリー:医療維新 7月16日

    まったこともあります。【開業医】 ・勤務医の頃は交代で休みが取れていたので、海外へ出かけていたが、開業すると休みが直接収入に響くようになり、今はまだ休みが思うように取れない。【開業医】 ・青森への旅行
  • なぜ抗インフル薬を予防投与するのか

    カテゴリー:臨床ニュース 7月13日

    インフルエンザ発症を抑える効果が期待されるので【小児科勤務医】 基本的にはワクチン。明日受験とか、切羽詰まっている時は考える【小児科開業医】 受験生など、特に罹患したくない方には予防の意義が大きいから【内科勤務医】 家族に対する抗イン
  • 溶連菌で家族予防投与「やり過ぎ」

    カテゴリー:臨床ニュース 7月10日

    もほとんどは軽症ですし、周囲への感染力も低いですので、予防投与はやり過ぎのように感じます【産婦人科開業医】 少なくとも症状がない人には不要だと考えるから【小児科勤務医】 発症してからでも十分で予防投与は限定が困難【小児科勤務医】
  • 臨床研修、「外科」必修化は賛否拮抗

    カテゴリー:医療維新 7月8日

    違いしている若い医師を目にするたび、上下関係がしっかりした医局制度も悪くなかったと思う。【精神科系開業医】 ・点滴、動脈血採血、深くない切創の縫合。採血データの理解。抗生剤の使い方。患者に噛み砕いて治
  • 長年の小児水いぼ論争にもの申す

    カテゴリー:臨床ニュース 7月5日

    水いぼは、医療的には、放置でよいと思われますが、社会的な事由で加療しています【小児科開業医】 プールの禁止もないのに、なぜ取らなきゃいけない?【小児科開業医】 本来は取らなくてもいいのでしょうが、全身に200個以上の割と
  • 水いぼ摘除に根強い保護者の要望

    カテゴリー:臨床ニュース 6月30日

    結局保護者が決めることだから【内科開業医】 プールの授業に出なくてもよいと保護者が考えているなら、保存しても差し支えないと思います【脳・神経勤務医】 親が拒んだらやりにくい。まず親を説得せにゃならん【皮膚科開業医】 幼稚園
  • 水いぼ保存派「切除で苦痛は虐待に近い」

    カテゴリー:臨床ニュース 6月28日

    イルス性疾患なので軽くかかることに意味があり、切除で苦痛を与えることは虐待に近いと思います【小児科開業医】 摘除してもキリないから【小児科勤務医】 放置していてもいつかは治癒する【小児科勤務医】 摘除
  • 医師偏在対策、カギは「地域医療構想の医師版」、中川副会長

    カテゴリー:医療維新 6月25日

    埼玉県代議員の金井忠男氏。金井氏は、現状の問題点として、病院勤務医が、過酷な労働環境に耐えられず、開業の道を選ぶことなどを挙げ、勤務医不足の解消が、喫緊の課題であると指摘。しかし、病院と診療所では意見
  • 主賓挨拶、ご祝儀の相場…結婚式の悩み

    カテゴリー:医療維新 6月23日

    挨拶も要求され、主賓としてなら10万は包む。普通の招待客で全然失礼なことは無いのだけれど・・・。【開業医】 ・最近は少ないかもしれないが、仲人をお願いする際に一応は自分の所属している医局の教授にお願い
  • 水いぼ摘除派「“取らなくていい”は怠慢」

    カテゴリー:臨床ニュース 6月23日

    。取らせてくれやるならたくさんあっても取る。取らなくてもいいというのは、医者の怠慢だと思う【皮膚科開業医】 他の医者(特に小児科)から「放置してよい」と言われて、40-50個ほどに増えた子供の治療をす
  • 「何でもかんでも精神科」の傾向

    カテゴリー:臨床ニュース 6月20日

    る【精神科勤務医】 会社都合では無理なお願いをすることもあり、その際は日頃からの連携が重要【精神科開業医】 「その他診療科医師」の回答 内科医が産業医をやっておりますが、昔、公衆衛生に力を入れていた先
13