m3.com トップ>記事検索結果

「院内薬局」の検索結果

  • 院内調剤「医師から自由になれず、患者不利益」「派遣薬剤師が認めるべき」◆Vol.3-3

    カテゴリー:医療維新 8月19日

    情報を得にくいので、複数の医療機関にかかられている患者さんだと、不安はあります。【民間病院】 ・院内薬局というよりも、病院そのものが経営理念も含めてあまりに差が大きすぎて、ひとくくりでは論じられないと思う。【その他】
  • 院内調剤「患者負担が減る」「今さら、戻るのは無理」◆Vol.3-2

    カテゴリー:医療維新 8月12日

    な製造元を避けるなどを医師や事務系と相談してできるメリットはある。【公立病院】 ・一包化加算など院内薬局でも導入すべき。【開業医】 ・夜間緊急時は必要だと思う。【大学病院】 ・その病院やクリニックの特
  • 「薬局の最低限の役割の明確化、機能分化を」との意見も

    カテゴリー:医療維新 7月25日

    ことが必要」との見解を示した。  一方で、日本医師会副会長の中川俊男氏は、「高度薬学管理機能は、院内薬局がしっかりと担うことが本筋だと思う」と述べ、仮に院外薬局が担うのであれば、「病院の薬剤部と密接な
  • 「院内・院外処方、技術料格差を解消」、松原副会長

    カテゴリー:医療維新 2017年6月26日

    として、山口県代議員の加藤智栄氏は、代表質問で、(1)医薬品や医療機器の国内外格差の解消、(2)院内薬局と院外薬局との価格差の解消、(3)オーソライズド・ジェネリック(AG)医薬品の活用、(4)AME
  • マイナンバーで医療の“無駄”排除◆Vol.10

    カテゴリー:医療維新 2016年3月27日

    医療に含まれているものについて、保険負担を撤廃すればよい(40代、診療所) ・院外薬局の取り分を院内薬局とそろえる。マッサージを医療保険からはずす。柔整を国民健康保険ではない任意加入の独自保険で扱う(70代以上、診療所)
  • 規制見直しめぐり議論「医薬分業」は誰のため?

    カテゴリー:医療維新 2015年5月2日

    で規制見直しめぐり議論「医薬分業」は誰のため?という特集が組まれました。  政府が厚労省に反対して院内薬局を復活させようとする提言もなされているようです。それもこれも例の違反のためでしょうが(いびつなビ
  • 薬剤師の服薬管理、「推進」3割弱◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2014年5月8日

    てもらえると助かる。 ・服薬後の経過に関与できれば良いかも。 ・予防接種。 ・院外薬局ではなく、院内薬局や診療所での勤務。 ・薬物動態から見た内服効果とその必要性,重要性に関する説明。アドヒアランスの
  • 処方薬もネット販売容認は15%◆Vol.9

    カテゴリー:医療維新 2014年2月28日

    制化も必要。また院外薬局の24時間営業も同時に推進すべきであった。救急の必要ない急病患者のために院内薬局も負担になっている。 ・ネット販売では、医師が診察しないで処方することになる。これは医師法20条違反である。