m3.com トップ>記事検索結果

「高カリウム血症」の検索結果

  • 悪性リンパ腫疑い、でも確証がない!【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 8月25日

    ALP)、トリグリセリド(TG)の上昇を認めています。  また、電解質では低ナトリウム血症、高カリウム血症が確認されました。腎機能では尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cre)の著増、尿酸(UA)の上
  • 生活習慣病、GL推奨薬の処方率低く

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月28日

    る可能性があること、(3)腎障害合併高血圧症の場合は推奨されているレニン系薬剤が腎機能悪化や高カリウム血症の副作用に注意が必要であることなどの理由から、推奨薬剤の処方が回避された可能性があることも指摘した。
  • 男性医師の勾留中死亡、奈良地裁、遺族の請求棄却

    カテゴリー:医療維新 2016年12月27日

    4日に受診した病院での検査で、血中尿素窒素値や血清クレアチニン値は基準を上回っていたものの、高カリウム血症を示す所見はなかった、(2)死亡当日、病院に搬送された際、オムツが尿で重くぬれており、これは腎
  • AKIの腎代替療法、開始時期で死亡差なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年6月1日

    響を無作為化試験で検証。60日死亡率のカプラン・マイヤー推定値は、即時開始群48.5%、重症高カリウム血症、肺水腫などの基準を1つ以上満たすまで開始を延期した群49.7%で有意差はなかった(P=0.7
  • 電解質輸液製剤約4万袋が自主回収

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年2月24日

    桑薬品工業では、リプラス3号輸液をラクトリンゲルM注「フソー」と誤認して患者に投与した場合、高カリウム血症や乏尿、アジソン病、重症熱傷、高窒素血症、糖尿病患者の高血糖の症状が悪化する恐れがあるとして注意を呼び掛けている。
  • 糖尿病腎症合併高K血症にpatiromerが効果

    カテゴリー:海外ジャーナル 2015年7月23日

     糖尿病性腎症と高カリウム血症を合併してRAAS阻害薬治療中の306例を対象に、カリウム吸着薬patiromerの有効性を第2相用量範囲探索無作為化試験で検証(AMETHYST-DN試験)。高カリウム血症の重症度によって1日2回4
  • 「敗血症見逃しは医師の過失」と判断、茨城医療過誤訴訟 vol.2

    カテゴリー:医療維新 2015年3月6日

    盂腎炎(2)DIC(3)急性腎不全(4)蘇生後脳症(5)高ナトリウム血症、尿崩症の疑い(6)高カリウム血症(7)高血糖 25日 (1)肺炎、呼吸不全(2)蘇生後脳症(3)急性腎不全(4)尿崩症(5)肝酵素上昇(6)血圧低下傾向
  • K吸着経口薬、約8割K値改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年12月3日

     RAAS阻害薬使用中で高カリウム血症を伴う慢性腎臓病患者237人を対象に、カリウム吸着薬patiromerの有効性を前向き試験で評価(OPAL-HK試験)。4週後に76%がカリウム目標値を達成した。
  • 新高K血症薬、P3で効果確認

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年12月2日

     高カリウム血症患者753人を対象に、ケイ酸ジルコニウムシクロシリケート(ZS-9)の有効性を第3相試験で評価。48時間後、プラセボ群に比べZS-9群でカリウム値が有意に低下した。カリウム値が正常化し
  • MI初期輸液は5%ブドウ糖液?【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年4月9日

    を出したとします。どこが危険か分かりますか?カリウムは濃度が高い状態で大量投与すると、突然の高カリウム血症で不整脈、場合によっては心停止も来します。めったにないことかと思いますが、輸液の残りが少ない時
  • ACE阻害薬+ARB、安全性に問題

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年11月13日

    (ARB)併用の有効性を検討(VA NEPHRON-D試験)。ARB単独に比べ、併用投与では高カリウム血症および急性腎損傷のリスクが高かった(どちらもP<0.001)。本試験は安全性の懸念から早期中止となった。
  • アリスキレン併用に効果なし 【米国心臓学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年3月25日

     アリスキレン併用群では、N-末端プロB型ナトリウム利尿ペプチド濃度(NT-proBNP)の改善がみられたが、高カリウム血症、腎不全および低血圧症の悪化も認められた。  本試験の主任執筆者は、アリスキレンの併用によりN
  • RASの二重阻害、有害リスク増(2013/2/3 修正)

    カテゴリー:海外ジャーナル 2013年1月31日

    二重阻害は全死因および心血管死亡率への有意な効果と関連せず(相対リスク0.97、0.96)、高カリウム血症55%、低血圧症66%、腎不全41%などの有害リスク増加と関連した。 【訂正】2013/2/3に以下の修正をしました。
  • 退院時アルドステロン拮抗薬

    カテゴリー:海外ジャーナル 2012年12月3日

    意差は見られなかった。非投与群に比べ投与群は、3年時の心不全再入院率は低く、30日と1年時の高カリウム血症関連の再入院率が高かった。
  • DMのアリスキレン、追加効果なし

    カテゴリー:海外ジャーナル 2012年11月7日

    ント発生率はアリスキレン群で18.3%、プラセボ群で17.1%(ハザード比1.08)だった。高カリウム血症と血圧低下はアリスキレン群で有意に多かった。
  • RA系阻害薬+アリスキレン注意

    カテゴリー:海外ジャーナル 2012年1月12日

    阻害薬またはアンジオテンシン受容体拮抗薬とアリスキレンを併用した場合、それぞれの単独使用より高カリウム血症のリスクが有意に増加した。
  • 糖尿病にアリスキレン併用中止

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年1月11日

    症リスク低下について、本剤の上乗せ効果が認められる可能性が低い」「非致死性脳卒中、腎合併症、高カリウム血症および低血圧のリスク上昇が懸念された」こと。当初はリスク低下を見込んでいたところ、結果としてはむしろリスクが高まる可能性が出てきた。
  • 高齢者へのST合剤、高カリウム血症のリスク大、カナダ調査

    カテゴリー:海外ジャーナル 2011年9月15日

    キサゾール合剤(ST合剤)の併用による高カリウム血症のリスクをコホート内症例対照研究で検討。対照のアモキシシリン併用患者に比べ、本剤の併用患者では高カリウム血症による14日以内の入院リスクが著明に上昇した(調整オッズ比12
  • 「人工透析、カリウム上昇への配慮を」

    カテゴリー:医療維新 2011年3月16日

     透析医は注意すべき点の1つとして、「一つ目はカリウムの上昇を避けること」を挙げる。透析を行わない場合、高カリウム血症が懸念される。血中のカリウムが上昇し、カリウムが7.0mEq/Lを超えると心停止の危険が出る。
  • スピロノラクトン、高カリウム血症リスクを増加せず、スコットランド調査

    カテゴリー:海外ジャーナル 2010年5月24日

    血清クレアチニン・カリウム値測定率が上昇したが、高カリウム血症による入院増加は見られず、外来患者は逆に減少した。慎重にモニタリングすれば高カリウム血症リスクは上昇しないことが示唆された。