m3.com トップ>記事検索結果

「ASV」の検索結果

  • どうする?「帰りたい」のに帰せない患者【時流◆緩和ケアを考える2】

    カテゴリー:臨床ニュース 9月20日

    2016年5月、約20日間 42% 3+ 高K血症による洞不全症候群(SSS)、テンポラリーPM、非侵襲的陽圧換気療法(ASV) 2016年8-9月、約10日間 39% 2+ CS3、SSSに対して心臓再同期療法(CRT)予定であったがPM植え込み
  • SASへのPAP、心血管転帰に寄与せず

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年8月23日

    13、0.99 - 1.29、P=0.08)それぞれの間に有意な関連は見られなかった。PAPをCPAPとASVに分けても同様だった。
  • HFへのASV適正使用で再び声明

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月31日

     日本循環器学会と日本心不全学会は10月24日、睡眠時無呼吸を合併した心不全(HF)患者に対する適応補助換気(ASV)の適正使用に関する声明(第2報)を発表した。欧米と診療や使用実態の異なる日本で、公表されている臨
  • NPPV指針の改訂第2版を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年7月11日

    NPPVガイドライン作成委員会が初版から8年ぶりに改訂したもので、NPPVの適用範囲拡大や適応補助換気(ASV)の新機器登場などを受けてまとめている。  ガイドラインの利用者は呼吸器管理に携わる医師と医療チー
  • CTは64列以上、MRIは3テスラ以上を高評価

    カテゴリー:医療維新 2015年12月12日

    する方針であると説明、理解を求めた。 ◆睡眠時無呼吸症候群等に対するASV療法  睡眠時無呼吸症候群に慢性心不全を合併しているASV療法は、有効性があるとされていることから、新たな診療報酬項目として評価する方針。
  • 心不全へのASV適正使用で学会声明(2015/7/1 訂正)

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年6月18日

     日本循環器学会と日本心不全学会はこのほど、心不全(HF)患者の睡眠時無呼吸症治療に適応補助換気(ASV)装置を用いた臨床試験(SERVE-HF)の結果を受け、HFに対するASVの適正使用に関するステートメントを発表した。左室収縮機能低下