m3.com トップ>記事検索結果

「CAS」の検索結果

  • 無症候性頸動脈狭窄にCASの非劣性確認

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年3月18日

    象に、ステント留置術(CAS)と頸動脈内膜剥離術を無作為化試験で比較(ACT I試験)。主要複合評価項目(30日以内の死亡、脳卒中、心筋梗塞、1年以内の同側脳卒中)発生率はCAS群3.8%、内膜剥離術群3
  • 頸動脈狭窄症へのCASと剥離、10年で差なし(2016/4/25 訂正)

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年3月10日

    【訂正】2016/4/25、タイトルを修正しました。元のタイトルは論文に倣い「CASへのステントと剥離、10年で差なし」としていましたが、誤解を招きかねないため、「頸動脈狭窄症へのCASと剥離、10年で差なし」と修正しました。
  • 70歳以上の頸動脈狭窄にはCEAが優れる(2016/3/7 訂正)

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年3月3日

     頸動脈狭窄に対する頸動脈ステント留置術(CAS)と頸動脈内膜剥離術(CEA)を比較した無作為化試験4件を用いて、年齢が及ぼす影響をメタ解析で調査。CAS群における周術期脳卒中および死亡発生ハザード比
  • 頸動脈狭窄、CASとCEAで有意差無(2014/10/29 訂正)

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年10月23日

     症候性頸動脈狭窄症患者1713人を対象に、頸動脈ステント留置術(CAS)と頸動脈内膜剥離術(CEA)の長期転帰を無作為化試験で比較(ICSS試験)。中央値4.2年の追跡で、CAS群とCEA群の致死的/障害を引き起こす脳卒中
  • 無症候性頸動脈狭窄治療に証拠不足

    カテゴリー:海外ジャーナル 2014年7月16日

     エビデンスが中程度以上の研究に関する論文を対象に、無症候性頸動脈狭窄症(CAS)のスクリーニングと各種治療法の有効性をシステマティックレビューとメタ解析で検証。スクリーニング、強化薬物療法などを評価
  • CAS新実施基準、手術実績除く

    カテゴリー:臨床ニュース 2012年1月23日

    学会と合同で承認した「頸動脈ステント留置術(CAS)実施基準」の2012年1月改訂版をホームページ上で公開した。この基準では、「高度頸動脈狭窄症」をCASの適応とし、実施施設や実施医の基準を定めている。