m3.com トップ>記事検索結果

「CASE-J」の検索結果

  • 男性医師、イベント発生となるように加筆?ノバ社側尋問

    カテゴリー:医療維新 2016年2月24日

    しては、「どちらの群かは分からなかった。間違えて加筆しても同等に影響が出るはず」と述べた。 「CASE-Jはあんな結果、学会幹部は苦々しい思い」  弁護側は、東京慈恵会医科大学で行われた医師主導臨床試験「JIKEI
  • 高久会長、「産官学+民」で社会ニーズに対応

    カテゴリー:医療維新 2015年4月14日

    件だ。臨床研究についても、ディオバンの研究とSIGN研究(いずれもノバルティス ファーマ社)、CASE-J(武田薬品工業)を挙げた。  これらの問題への対応として、日本医学会として、各種の見解を出した
  • 京大研究者「広告内容知らず」、CASE-J

    カテゴリー:医療維新 2015年3月1日

     武田薬品工業の降圧剤ARB「ブロプレス」に関する臨床試験「CASE-J」の疑惑について、京都大学は2月27日に会見し、論文の結果について「問題がない」とする調査結果を公表した。統計的に有意差がないに
  • ノバ社やSTAP研究不正抑えた今年の1番のニュース◆Vol.5-2

    カテゴリー:医療維新 2014年12月24日

    29 主治医機能、月1万5000円で評価、中医協総会(2月) TPP交渉を巡る動き(通年) 武田、CASE-J試験に一貫して関与、長谷川社長が謝罪(6月) 30 理研CDBの解体要求、理研改革委、「世界三大不正」の声(6月)
  • 武田、臨床研究不正の再発防止策を公表

    カテゴリー:医療維新 2014年10月6日

    関与」のルールを、6月に営業部門の行動要綱として明文化していて、指導を徹底する意向。また、「(CASE-Jの問題が発生した当初にはなかった)メディカル・アフェアーズ部が契約をする方式に切り替えている」
  • CASE-J問題、社内処分と防止策

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月6日

     武田薬品工業は10月3日、高血圧症治療薬「プロブレス錠」(一般名:カンデサルタン)の医師主導臨床試験(CASE-J試験)で不適切なプロモーション活動が行われたことについて、社内処分と再発防止策を決定したと報告
  • 武田、CASE-J試験に一貫して関与

    カテゴリー:医療維新 2014年6月23日

     武田薬品工業の降圧剤ARB(プロプレス)とCa拮抗薬(アムロジピン)を比較した医師主導臨床研究「CASE-J試験」について、同社社員が、試験計画の段階から関わり、サブ解析の時点では、社員の働きかけにより