m3.com トップ>記事検索結果

「EVAR」の検索結果

  • AAA開腹不適応への血管内治療、延命認めず

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月8日

     身体的に開腹手術不適応60歳以上の腹部大動脈瘤(AAA)患者404例を対象に、早期の血管内動脈瘤修復術(EVAR)の死亡抑制効果を非介入との無作為化試験で比較(EVAR-2試験)。両群の余命に有意な群間差はなかった(いずれも4.2年、P=0
  • AAA、修復適応と転帰に男女差?

    カテゴリー:海外ジャーナル 5月30日

    証。血管内修復術(EVAR)の適応患者の割合は女性が34%で、男性の54%に比べ低く、非介入(修復治療を行わない)率は34%対19%で女性が高かった。女性の30日死亡率も、EVARで2.3%、開腹修復術で5
  • AAA血管内治療の長期生存は開腹に劣る

    カテゴリー:海外ジャーナル 2016年10月28日

     腹部大動脈瘤の血管内治療(EAVR)と開腹治療の長期生存効果を比較する無作為化対照試験(EVAR試験1)を実施。1252例を平均12.7年追跡した結果、100人年当たりの全死亡率はEVAR群が9.3、開腹群が8.9だった(調整HR 1.11;95%
  • 病院間競争でEVAR拡大 【米国血管外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年9月18日

    血管内動脈瘤修復術(EVAR)による腹部大動脈瘤(AAA)修復術の割合が2001年の32%から2006年には65%に上昇しているという点について、競争の激しい地域の施設がEVARの早期導入により成績を
  • 動脈瘤、治療法で費用差なし 【米国血管外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年8月15日

    小型(直径4.0-5.0 cm)の腹部大動脈瘤(AAA)治療については、ステントグラフト内挿術(EVAR)による早期修復と定期画像検査による監視の2種類の治療法間で総医療費に差はないとする研究結果を紹介した。同学会発行のJournal
  • 危険因子で女性も破裂危険増 【米国血管外科学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2013年4月25日

    するもの。5cm以上になると破裂の危険が著しく増大する。開腹手術あるいはステントグラフト内挿術(EVAR)と呼ばれる低侵襲手術により修復可能である。  男性と比較して発症数は少ないが、女性は男性よりA