m3.com トップ>記事検索結果

「TSH」の検索結果

  • 日本人の成人TSH 基準範囲を発表

    カテゴリー:臨床ニュース 2月17日

     日本臨床検査医学会はこのほど、甲状腺刺激ホルモン(TSH)のハーモナイゼーションへの対応に関する文書を学会ホームページに掲載した。同文書では、国際臨床化学連合(IFCC)基準適合検査値(Phase
  • 甲状腺腫瘍診療指針2018を公開

    カテゴリー:臨床ニュース 1月18日

    CQ)が設定されている。  同GLでは、診断と治療(外科治療、放射性ヨウ素内用療法、外照射療法、TSH抑制療法、化学療法、分子標的薬治療)および経過観察(非手術、手術後)の臨床管理を扱う。分子標的薬治
  • 甲状腺機能低下症の健康転帰に高TSH濃度が悪影響

    カテゴリー:海外ジャーナル 2019年10月7日

    ータを対象に、甲状腺刺激ホルモン(TSH)濃度と長期健康転帰の関連を後ろ向きコホート研究で検討した。  基準としたTSH濃度(2-2.5mIU/L)に比べて、高TSH濃度(10mIU/L超)では虚血性
  • 甲状腺機能異常と抗TPO抗体陽性が早産リスク

    カテゴリー:海外ジャーナル 2019年9月18日

    FT4)正常値で甲状腺刺激ホルモン(TSH)高値]の女性(5.0% vs. 6.1%、絶対リスク差1.4%、オッズ比1.29)および孤発性低サイロキシン血症(TSH正常値でFT4低値)の女性[5.0%
  • 2段階肝切除例、再発再手術でも予後改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 2017年9月27日

     広範囲の大腸癌両葉肝転移に対する2段階肝切除術(TSH)を受けた93例を対象に、再発後再手術の生存への影響を検証。62例が再発し、38例が再手術を受けていた。再手術例では非施行例に比べ、全生存率が有意に高かった(45
  • 副腎機能不全リスクの通知など勧告【米国内分泌学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月28日

    ン分泌が低下する状態であることから、その評価には遊離サイロキシン(FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)の両方を計測する必要がある 成長ホルモン欠乏症が疑われる患者の診断には成長ホルモン刺激試験を行う
  • 成長期における治療のタイミング【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月15日

    れたデータがないだけに難しい問題と言えます。 【掲載スケジュール】 テーマ1◇妊娠と甲状腺疾患 TSHと流産、不妊の関係 テーマ2◇甲状腺治療薬の副作用問題 LT4、本当に「安全」と言えるか テーマ3◇小児を治療する
  • LT4、本当に「安全」と言えるか【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月10日

    、専門医へ紹介することが最善の策と言えます。 【掲載スケジュール】 テーマ1◇妊娠と甲状腺疾患 TSHと流産、不妊の関係 テーマ2◇甲状腺治療薬の副作用問題 LT4、本当に「安全」と言えるか テーマ3◇小児を治療する
  • TSHと流産、不妊の関係【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月8日

    って甲状腺機能が一過性の異常を来すこともある。海外では、不妊や流産のリスクと甲状腺刺激ホルモン(TSH)を関連付ける報告も出てきている。出産の高齢化によって、甲状腺疾患に悩む妊娠予定女性が増えていると
  • 甲状腺ホルモン不応症の解説

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年11月4日

    減弱し、不適切TSH(甲状腺刺激ホルモン)分泌症候群(SITSH)を示す症候群」と定義されている。確立された診断基準はないが、甲状腺機能低下症や亢進症で遊離チロキシン(FT4)とTSHの解離がある症例