m3.com トップ>記事検索結果

「TSH」の検索結果

  • 2段階肝切除例、再発再手術でも予後改善

    カテゴリー:海外ジャーナル 9月27日

     広範囲の大腸癌両葉肝転移に対する2段階肝切除術(TSH)を受けた93例を対象に、再発後再手術の生存への影響を検証。62例が再発し、38例が再手術を受けていた。再手術例では非施行例に比べ、全生存率が有意に高かった(45
  • 睡眠の質、TSHの構造に影響

    カテゴリー:臨床ニュース 3月17日

     兵庫医科大学は3月13日、睡眠の質が甲状腺刺激ホルモン(TSH)の構造に影響を及ぼすことを発見したと発表した。この研究は、同大学内科学(糖尿病・内分泌・代謝科)講座の角谷学助教、小山英則主任教授らの
  • 胸腺腫による新自己免疫疾患を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2月24日

    ている疾患が多くある。これまで研究グループは、後天性に成長ホルモン(GH)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、プロラクチン(PRL)の分泌が低下する症例において、これらのホルモンの産生に必要な転写因子「P
  • TSH産生下垂体腫瘍の原因を発見

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年12月7日

     群馬大学は12月2日、甲状腺刺激ホルモン(TSH)産生下垂体腫瘍における新たな疾患原因遺伝子変異となりうる6種類の遺伝子変異を発見し、遺伝子コピー数の異常を中心とした遺伝学的な背景を明らかにしたと発
  • 副腎機能不全リスクの通知など勧告【米国内分泌学会】

    カテゴリー:臨床ニュース 2016年10月28日

    ン分泌が低下する状態であることから、その評価には遊離サイロキシン(FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)の両方を計測する必要がある 成長ホルモン欠乏症が疑われる患者の診断には成長ホルモン刺激試験を行う
  • クッシングの確定診断はこう行う【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月22日

    6%と改善を認めたため、ACE阻害薬を中止し、スピロノラクトンの減量を指示した。翌月、全身倦怠感と血糖の上昇がみられたが、測定したTSHは正常であった。 退院5カ月後のプライマリケア医受診時に、持続する倦怠感、頭髪の細り、数週間続く足
  • 高血糖と結節影増大を引き起こす原因【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月17日

    すね。 上原 鑑別には上がっていましたね。血中甲状腺刺激ホルモン(TSH)は測っていたよね。 森田 そうですね。退院後に測ったTSHは正常でした。 上原 ということは疑っていた。副腎に腫瘍が転移してい
  • 急激な血糖管理不良で「問うべき質問」【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月15日

    6%と改善を認めたため、ACE阻害薬を中止し、スピロノラクトンの減量を指示した。翌月、全身倦怠感と血糖の上昇がみられたが、測定したTSHは正常であった。 退院5カ月後のプライマリケア医受診時に、持続する倦怠感、頭髪の細り、数週間続く足
  • HbA1c3%以上の急上昇を引き起こした疾患【研修最前線】

    カテゴリー:臨床ニュース 2015年12月10日

    6%と改善を認めたため、ACE阻害薬を中止し、スピロノラクトンの減量を指示した。翌月、全身倦怠感と血糖の上昇がみられたが、測定したTSHは正常であった。  退院5カ月後のプライマリケア医受診時に、持続する倦怠感、頭髪の細り、数週間続く
  • 成長期における治療のタイミング【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月15日

    れたデータがないだけに難しい問題と言えます。 【掲載スケジュール】 テーマ1◇妊娠と甲状腺疾患 TSHと流産、不妊の関係 テーマ2◇甲状腺治療薬の副作用問題 LT4、本当に「安全」と言えるか テーマ3◇小児を治療する
  • LT4、本当に「安全」と言えるか【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月10日

    、専門医へ紹介することが最善の策と言えます。 【掲載スケジュール】 テーマ1◇妊娠と甲状腺疾患 TSHと流産、不妊の関係 テーマ2◇甲状腺治療薬の副作用問題 LT4、本当に「安全」と言えるか テーマ3◇小児を治療する
  • TSHと流産、不妊の関係【実名臨床道場】

    カテゴリー:臨床ニュース 2014年10月8日

    って甲状腺機能が一過性の異常を来すこともある。海外では、不妊や流産のリスクと甲状腺刺激ホルモン(TSH)を関連付ける報告も出てきている。出産の高齢化によって、甲状腺疾患に悩む妊娠予定女性が増えていると
  • 甲状腺ホルモン不応症の解説

    カテゴリー:臨床ニュース 2011年11月4日

    減弱し、不適切TSH(甲状腺刺激ホルモン)分泌症候群(SITSH)を示す症候群」と定義されている。確立された診断基準はないが、甲状腺機能低下症や亢進症で遊離チロキシン(FT4)とTSHの解離がある症例