m3.com トップ > 学会速報 > 第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)

第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011) (2011年9月12日~16日)

2011年09月17日

2型糖尿病患者ではHbA1c値と心血管イベントの関連性はJカーブを描く

ACCORD試験ではHbA1c値6.0%未満を目指して厳格な血糖コントロールを行うと、全死亡リスクが上昇することが示された。そこでスウェーデンLinkoping
UniversityのC. J. Ostgren氏らは、2型糖尿病の大...

続きを読む

取材速報(全17件)

2型糖尿病患者におけるスタチン療法の臨床的意義
2011年9月20日

ポルトガル、リスボン市で開催されている第47回欧州糖尿病学会の最終日、“Cholesterol arteriosclerosis revisited”と題するシンポジウムが開催さ...続きを読む

耐糖能異常例では余暇時間の活動性を高めることで炎症が抑制される
2011年9月20日

耐糖能異常(IGT)例では炎症が亢進していることが分かっているが、身体活動度が炎症にどのような影響を及ぼすか明らかにされていなかった。今回、スウェーデンUniversity o...続きを読む

EASD/ADA合同シンポジウム: 肥満と2型糖尿病への対策、将来の研究方針を論じた合同会議報告
2011年9月19日

ポルトガル、リスボン市で開催された第47回欧州糖尿病学会(EASD)の4日目、“Obesity and type 2 diabetes: what’s similar and ...続きを読む

超持効型のデグルデクは、1日1回投与時刻が異なる場合でも、同一時刻のグラルギン投与と同等の有効性と安全性を示す
2011年9月19日

インスリンデグルデク(デグルデク)は新しい超持効型インスリン製剤で、皮下投与後にマルチヘキサマーを形成し、安定した血糖降下作用を発揮する。今回、英国Hull York Medi...続きを読む

プライマリケアの2型糖尿病患者、期間2年で26%がうつに罹患
2011年9月19日

2型糖尿病患者ではうつの有病率が約10%で、約30%が抑うつ症状を有していると考えられている。しかし、一度発症したうつがその後どのような経過をたどるのか十分な検討は行われていなか...続きを読む

GLP-1受容体作動薬リラグルチドの血糖コントロール効果は推定される膵β細胞量にかかわらず良好
2011年9月18日

2型糖尿病患者の血糖コントロールは、残存する膵β細胞量に依存すると考えられる。ドイツBochum市、St. Josef HospitalのJ. J. Meier氏らは、1日1回投...続きを読む

喫煙習慣は性差と体重増加の有無で補正後においてもメタボリックシンドロームのリスク因子
2011年9月18日

これまでの疫学研究では、喫煙習慣がメタボリックシンドロームの有病率を上昇させることが指摘されている。今回、イタリアPistoia、Spedali RiunitiのF. Tesi...続きを読む

メトホルミンで血糖コントロール不良の2型糖尿病患者を対象としたdapagliflozinとglipizideの比較試験:2年目の結果
2011年9月18日

選択的SGLT2阻害薬のDapagliflozin(DAPA)は、インスリンの分泌や作用とは独立して、腎臓でのグルコース再吸収を阻害し、尿中へのグルコース排泄を促進することで、血...続きを読む

2型糖尿病患者ではHbA1c値と心血管イベントの関連性はJカーブを描く
2011年9月17日

ACCORD試験ではHbA1c値6.0%未満を目指して厳格な血糖コントロールを行うと、全死亡リスクが上昇することが示された。そこでスウェーデンLinkoping Univers...続きを読む

欧州の専門家3名が、心血管イベント抑制の治療戦略として、血糖、脂質、血圧の新たな知見と総合的な管理の重要性を解説
2011年9月17日

ポルトガル、リスボン市で開催されている第47回欧州糖尿病学会(EASD)の4日目、“Diabetes risk with cardioprotective therapies”...続きを読む

重篤ではない夜間低血糖が患者の日常生活や機能に及ぼす影響は過小評価されている
2011年9月17日

重篤ではない低血糖は全低血糖イベントの大部分を占め、特に夜間低血糖は患者を不安にさせる重大な要因だが、その実態は十分に検討されていない。そこで米国カリフォルニア州The Bro...続きを読む

妊娠糖尿病は一般的な糖尿病とは診断基準が異なり、軽症であっても治療すべき
2011年9月16日

ポルトガル、リスボン市で開催されている第47回欧州糖尿病学会の3日目、“Controversies in gestational diabetes”と題するシンポジウムが開催され...続きを読む

2型糖尿病では血圧値と心血管イベント発生リスク、死亡リスクの関連がUカーブを示し、 血圧が低い群でもリスク上昇を認めた
2011年9月16日

2型糖尿病の血圧管理において、近年、診療ガイドラインが推奨する降圧目標値を疑問視する見方がある。そこで、スウェーデンUppsala UniversityのJ. Sundstro...続きを読む

2型糖尿病でのBOTでのアスパルト30Mixとグラルギンのメタ解析結果
2011年9月16日

2型糖尿病のBOT(Basal supported Oral Therapy)では、経口血糖降下薬に二相性インスリンアナログ製剤あるいは持効型溶解インスリンアナログ製剤のどちらを...続きを読む

2型糖尿病の発症メカニズム、進む遺伝子解析
2011年9月15日

糖尿病の患者数は2030年には世界で4億3,800万人に達することが予想され、疫病のような広がりを見せている。この世界的な課題と言える糖尿病に対し根本的な解決策が求められている。...続きを読む

日本のプライマリケアによる包括的なリスク管理は、2型糖尿病患者の心血管疾患の発症リスクを低下させる:JDDMコホート
2011年9月15日

近年、糖尿病の治療が著しく進歩し、代謝系や心血管系のリスク因子の管理が厳格に行われるようになったことから、心血管疾患の発症リスクは低下したと考えられる。そこで大石内科クリニック(...続きを読む

インスリンデグルデクの血中濃度半減期はインスリングラルギンの約2倍長く、薬物動態は安定
2011年9月15日

インスリンデグルデク(デグルデク)は皮下注射後に可溶性のマルチヘキサマーを形成して、長時間にわたり安定して作用する新しい超持効型の基礎インスリン製剤である。ドイツProfil ...続きを読む

学会速報一覧