m3.com トップ > 学会速報 > 第19回 日本排尿機能学会

第19回 日本排尿機能学会 (2012年8月29日~31日)

2012年08月30日

50cc超の前立腺体積大、症状なしが唯一の前立腺がん予測因子

 PSAスクリーニングの実施者の中には、無症状で検診を受けた者、排尿症状があり病院を受診した患者など、さまざまな状態の患者が混在している。また、PSAが上昇していても、有症状例では前立腺肥大症の可能性もあり、前立腺がんとの鑑別を要する...

続きを読む

取材速報(全6件)

前立腺がん内分泌療法と下部尿路症状
2012年9月2日

 前立腺がんの内分泌療法と下部尿路症状の関連を見た報告は多くない。前立腺がんの治療はしばしば長期にわたるため、治療が与える影響について把握することが求められる。長崎県島原病院泌尿...続きを読む

広汎子宮全摘後、神経因性膀胱の治療プログラムの試み
2012年8月31日

 広汎子宮全摘出術後、神経損傷によって低活動膀胱等の神経因性膀胱が生じうるが、その治療プログラムは確立されていない。鳥取大学医学部腎泌尿器学分野の本田正史氏、国立病院機構米子医療...続きを読む

1日2回以上の夜間頻尿、メタボリックシンドローム発症を予測
2012年8月31日

 夜間頻尿の発症メカニズムはいまだ不明な点が残されており、メタボリックシンドロームなど、泌尿器疾患以外との関連も大きいと考えられている。そこで福井大学医学部泌尿器科学の青木芳隆氏...続きを読む

50cc超の前立腺体積大、症状なしが唯一の前立腺がん予測因子
2012年8月30日

 PSAスクリーニングの実施者の中には、無症状で検診を受けた者、排尿症状があり病院を受診した患者など、さまざまな状態の患者が混在している。また、PSAが上昇していても、有症状例で...続きを読む

二分脊椎の予防、妊婦の葉酸摂取状況
2012年8月30日

 神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症)は妊娠前期に起こる先天異常であり、妊婦の葉酸摂取によりリスク低下(予防)が可能とされている。2012年に日本で行われた症例対照研究からは、葉酸...続きを読む

高頻度・連続磁気刺激、過活動膀胱女性の尿失禁改善
2012年8月30日

 磁気刺激法は衣服の上から非侵襲的に筋や神経刺激が可能で、過活動膀胱の治療選択肢の一つとして用いられている。獨協医科大学排泄機能センターの山西友典氏らは、尿失禁を伴う過活動膀胱患...続きを読む

学会速報一覧