m3.com トップ > 学会速報 > 第35回 日本高血圧学会

第35回 日本高血圧学会 (2012年9月20日~22日)

2012年09月21日

現在の降圧治療下、低用量利尿薬で2型糖尿病発症リスク増加せず

 利尿薬は心血管イベント減少に豊富なエビデンスを有するものの、糖尿病発症リスクなどの懸念が適正な使用を阻む要因となってきた。そこで、日本高血圧学会共催で日本人本態性高血圧患者を対象に、低用量利尿薬による2型糖尿病発症リスクを検討したラ...

続きを読む

取材速報(全3件)

慢性腎臓病で夜間降圧不十分、腎イベント発症のリスク因子
2012年9月22日

 慢性腎臓病と高血圧は互いに悪影響を与えあうことが知られているが、夜間高血圧と腎機能低下の関連は十分に明らかにされていない。名古屋市立大学心臓・腎高血圧内科学の渡邉周一氏らは、慢...続きを読む

脳梗塞急性期の入院中血圧変動、死亡・再発リスクと関連
2012年9月21日

 脳梗塞急性期では血圧高値が予後不良に関連することが報告されており、さらに比較的長い期間で見た血圧変動も将来の死亡や再発の予測因子となるとの報告も散見される。久留米大学心臓・血管...続きを読む

現在の降圧治療下、低用量利尿薬で2型糖尿病発症リスク増加せず
2012年9月21日

 利尿薬は心血管イベント減少に豊富なエビデンスを有するものの、糖尿病発症リスクなどの懸念が適正な使用を阻む要因となってきた。そこで、日本高血圧学会共催で日本人本態性高血圧患者を対...続きを読む

学会速報一覧