m3.com トップ > 学会速報 > 第26回 日本冠疾患学会

第26回 日本冠疾患学会 (2012年12月14日~15日)

取材速報(全5件)

PCI後患者の胸部症状、冠攣縮の関与を念頭に
2012年12月16日

 虚血性心疾患は一般的に欧米で発症頻度が高いが、冠動脈の攣縮による冠攣縮性狭心症は、欧米よりも日本で多く見られることが報告されている。また、近年、経皮的冠動脈インターベンション(...続きを読む

On pump beatingとOPCAB、基本術式の検討
2012年12月15日

 人工心肺非使用心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB)は、人工心肺による合併症を回避でき、日本では欧米に比べ多く選択される術式である。一方、人工心肺使用心拍動下冠動脈バイパス手...続きを読む

CGMの血糖変動幅、不安定プラーク推定
2012年12月15日

 近年、持続血糖測定(CGM)を用い、血糖変動幅の評価が可能になった。従来、糖代謝異常は動脈硬化の重要な危険因子として知られているが、血糖変動幅は2型糖尿病患者においてHbA1c...続きを読む

急性非代償性心不全、基礎疾患による予後因子
2012年12月15日

 急性非代償性心不全では基礎疾患により予後に差を認めることが報告されている。一般的に虚血性心不全は非虚血性心不全に比べ長期生命予後が不良とされているが、虚血性心疾患による急性非代...続きを読む

STEMIのプラーク破裂と梗塞サイズ関連
2012年12月15日

 プラーク破裂およびそれに伴う血栓形成は、急性冠症候群(ACS)発症の重要な機序の一つとなる。また、血管内超音波(IVUS)などを用いた検討により、ST上昇型心筋梗塞(STEMI...続きを読む

学会速報一覧