m3.com トップ > 学会速報 > 第53回 日本呼吸器学会

第53回 日本呼吸器学会 (2013年4月19日~21日)

2013年04月19日

間質性肺炎の急性増悪、PMX-DHPで予後改善

 特発性間質性肺炎(IIP)の急性増悪は有効な治療法が確立されておらず、予後不良である。しかし、近年エンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)の有効性を支持する報告が散見され、酸素化の改善、LDH・KL-6の改善、CT所見の改善、抜管成...

続きを読む

取材速報(全6件)

間質性肺炎の早期発見、KL-6が有用
2013年4月22日

 II型肺胞上皮細胞由来の血清バイオマーカーKL-6、SP-A、SP-Dはわが国の間質性肺炎の診断・治療に応用されている。一方、欧米ではこれら血清バイオマーカーは研究目的に測定さ...続きを読む

COPD患者の気腫性病変、分布不均等で肺拡散能低下
2013年4月19日

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者において、胸部CTを用いて評価した気腫性病変の程度と肺機能が関連することが報告されており、気腫性病変の定量化の有用性が示唆されている。一方、気腫...続きを読む

最重症COPD、気管支鏡的肺容量減少療法の有効性
2013年4月20日

 最重症COPDの治療として、かつて肺容量減少手術が注目されたが、現在ではその適応や有効性の問題から施行されることは少ない。しかし、内科的治療では限界のある最重症COPDにおいて...続きを読む

咳衝動、呼吸困難感で痛みの感受性が低下
2013年4月20日

 痛み、咳嗽、呼吸困難は外来で遭遇することの多い主訴であり、診断・治療を進める上での手掛かりとして用いられる。しかし、これらの症状が重なりあったときの症候間の相互作用については十...続きを読む

幹細胞マーカーLgr5、肺腺癌の病期・腫瘍径と関連
2013年4月19日

 癌幹細胞は自己複製能、多分化能、腫瘍形成能を有しており、癌の浸潤・転移、再発、および治療抵抗性に関与している可能性が示されている。また、CD133、ABCG2、Bmi-1などの...続きを読む

間質性肺炎の急性増悪、PMX-DHPで予後改善
2013年4月19日

 特発性間質性肺炎(IIP)の急性増悪は有効な治療法が確立されておらず、予後不良である。しかし、近年エンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)の有効性を支持する報告が散見され、酸素...続きを読む

学会速報一覧