m3.com トップ > 学会速報 > 第11回 日本臨床腫瘍学会学術集会

第11回 日本臨床腫瘍学会学術集会 (2013年8月29日~31日)

取材速報(全4件)

ALK陽性NSCLCクリゾチニブ、日本人サブ解析
2013年8月31日

 ALK陽性進行非小細胞肺がん(NSCLC)の二次治療において、クリゾチニブは、標準化学療法と比較して無増悪生存期間および奏効率が有意に改善することが、無作為化第3相試験PROF...続きを読む

胃がん一次治療、SP療法の投与間隔比較
2013年8月31日

 日本において、5週サイクルS-1+シスプラチン併用療法(SP療法)は、進行胃がんに対する標準的な初回化学療法の一つと位置づけられている一方、韓国ではシスプラチンの用量強度を高め...続きを読む

wPTX増量投与、既治療進行胃がんでPFS改善
2013年8月30日

 Weekly paclitaxel(wPTX)療法は、既治療進行胃がんに対する標準治療の一つとして位置づけられており、また、wPTX投与中の好中球減少は良好な予後に相関すると報...続きを読む

肥満卵巣がん患者、実体重に基づいたddTC可能?
2013年8月30日

 2012年4月に発表された米国臨床腫瘍学会のガイドラインでは、肥満患者における抗がん剤の投与量計算に、理想体重ではなく実体重の使用を推奨している。しかしながら、日本人卵巣がん患...続きを読む

学会速報一覧