m3.com トップ > 学会速報 > 第78回 日本循環器学会

第78回 日本循環器学会 (2014年3月21日~23日)

取材速報(全5件)

EPA/AA比、閉塞性動脈硬化症の予後予測に有用な可能性
2014年3月23日

 血清脂肪酸であるω3系脂肪酸は抗炎症作用、ω6系脂肪酸は炎症の増悪に関与するため、エイコサペンタエン酸(EPA)/アラキドン酸(AA)比は血管疾患の予後の指標になると報告されて...続きを読む

上腕SBP左右差が心血管イベントを予測、日本人冠動脈疾患患者
2014年3月23日

 近年、収縮期血圧の左右差が心血管イベントリスクの増加を予測すると報告されているが、日本人のデータは乏しいのが現状である。さらに、冠動脈疾患(CAD)患者における血圧の左右差の有...続きを読む

体位で変化する脈圧、虚血性心疾患予測に有用
2014年3月22日

 仰臥位や立位など、体位の変化に伴い血圧は変化するが、その臨床的意義は十分に明らかになっていない。そこで、東京大学医学部附属病院循環器内科の高田宗典氏らは、体位の変化に伴う血圧お...続きを読む

女性、日本人心房細動患者の脳卒中リスクとならず
2014年3月21日

 心房細動(AF)は、高齢者にありふれた不整脈疾患であり、日本人口の高齢化に伴い患者数は増加している。また、AF患者の脳卒中リスクを評価するツールであるCHA2DS2-VAScス...続きを読む

日本人2型糖尿病の降圧目標、140mmHg未満の可能性
2014年3月21日

 糖尿病患者の降圧目標は、欧州や米国の新しいガイドラインでは収縮期血圧140mmHg未満に緩和されているが、2014年4月に公開予定の「高血圧治療ガイドライン2014」では、日本...続きを読む

学会速報一覧