m3.com トップ > 学会速報 > 第58回 日本リウマチ学会

第58回 日本リウマチ学会 (2014年4月24日~26日)

取材速報(全6件)

RA患者の疾患活動性、スマホで評価
2014年4月26日

 日々症状が変化する関節リウマチ(RA)では、受診時のみの評価では悪化を的確に捉えられず介入が遅れる可能性があり、患者自身が疾患活動性を評価することが重要である。スマートフォンを...続きを読む

日本人RA結核罹病率、生物学的製剤投与による増加見られず
2014年4月25日

 関節リウマチ(RA)治療に対して生物学的製剤が広く用いられるようになり、有用性が確認されている一方、有害事象として感染症が報告されており、特に結核の発症には注意する必要がある。...続きを読む

生物学的製剤の導入でRA労働生産性改善
2014年4月25日

 関節リウマチ(RA)は、治療にかかる薬剤費や手術費などの直接的な医療費のみでなく、身体機能低下に伴う労働制限などにより、生産性の損失といった間接的な費用の問題も生じてくる。そこ...続きを読む

RA治療ガイドライン2014(案):生物学的製剤
2014年4月25日

 「関節リウマチ(RA)治療ガイドライン2014」が2014年7月に公開予定である。公開に先立ち、厚生労働研究班によるガイドライン案が4月24日のワークショップで発表された。その...続きを読む

RA治療ガイドライン2014(案):DMARDs
2014年4月25日

 「関節リウマチ(RA)治療ガイドライン2014」が2014年7月に公開予定である。公開に先立ち、厚生労働研究班によるガイドライン案が4月24日のワークショップで発表された。慶應...続きを読む

RA治療ガイドライン2014(案):MTX
2014年4月25日

 「関節リウマチ(RA)治療ガイドライン2014」が2014年7月に公開予定である。公開に先立ち、厚生労働研究班によるガイドライン案が4月24日のワークショップで発表された。京都...続きを読む

学会速報一覧