m3.com トップ > 学会速報 > 第52回日本癌治療学会学術集会

第52回日本癌治療学会学術集会 (2014年8月28日~30日)

取材速報(全4件)

S-1、転移・再発乳癌の化学療法の一次治療としてタキサンに非劣性示す
2014年8月30日

 転移・再発乳癌に対する化学療法の1次治療としてはアントラサイクリン、タキサン系薬剤が標準治療となっているが、脱毛などの副作用に考慮が必要である。しかし、これらに代わる新たな選択...続きを読む

Stage 3胃癌術後補助化学療法の予後予測にmGPSが有用
2014年8月30日

 胃癌の術後補助化学療法の有効性を検討したACTS-GC試験の結果から、Stage 2-3の胃癌に対してはS-1が標準治療として推奨されている。これを踏まえ、名古屋大学大学院医学...続きを読む

筋肉量10%以上の減少、大腸癌化学療法の予後予測因子の可能性
2014年8月29日

 坦癌患者においては筋肉量が予後と相関することおよび進行性の筋肉量低下が全身状態の増悪を反映することが報告されている。そこで慶應義塾大学医学部外科(一般・消化器)の吉川祐輔氏らは...続きを読む

転移再発乳癌、好中球/リンパ球比3.7以上が予後予測因子の可能性
2014年8月29日

 全身の炎症状態を簡便に把握できる好中球/リンパ球比(NLR)は、胃癌や大腸癌などで予後予測因子であるとの報告がある。そこで、群馬県立がんセンター乳腺科の宮本健志氏らは転移再発乳...続きを読む

学会速報一覧