m3.com トップ > 学会速報 > 第61回 日本透析医学会学術集会

第61回 日本透析医学会学術集会 (2016年6月10日~12日)

取材速報(全16件)

リン吸着薬の変更は代謝性アシドーシスおよびERIを改善するか
2016年6月14日

 慢性腎臓病(CKD)では代謝性アシドーシスの発症がしばしば問題となる。代謝性アシドーシスは、腎臓での水素イオンの排泄機能の不全に伴い、血液中の重炭酸イオン(HCO3-)が消費さ...続きを読む

高リン血症治療における鉄補充の意義
2016年6月14日

 リン吸着薬による適切な血清リン濃度の管理と、積極的な鉄の補充による腎性貧血の改善は、いずれも患者の生命予後に重要な意義を持つ。しかし、多くの患者は、他にも複数の薬剤を服用し、多...続きを読む

クエン酸第二鉄水和物は保存期CKD患者のリン管理にも有用
2016年6月14日

 クエン酸第二鉄水和物は、消化管でリンを吸着し、排泄を促進するリン吸着薬であるが、一部が消化管から体内に吸収され、貧血の改善につながることが示唆されている。  高岡市民病院...続きを読む

リン吸着薬変更による各種パラメータと医療費の変化
2016年6月14日

 慢性腎臓病(CKD)は、リン排泄が障害されて血中リン濃度が上昇し、生命予後に悪影響を及ぼす。さらに、腎障害の進展によって腎性貧血を誘発することから、その両者を視野に置いた治療が...続きを読む

慢性維持透析患者におけるクエン酸第二鉄と炭酸ランタンの効果の比較検討
2016年6月13日

 慢性維持透析患者では腎臓のリン排出機能の低下により、しばしば合併症としての高リン血症が認められる。血清リン濃度と透析患者の予後との相関も報告されているため、積極的なリン管理が求...続きを読む

胎生臓器を用いた腎臓再生を目指して、大型動物での尿排泄路機構の構築を実現
2016年6月13日

 腎臓の再生法は、これまでにさまざまなアプローチが行われている。近年では、iPS細胞の発見を契機に、臓器再生の現実化は大きな一歩を踏み出している。iPS細胞を用いることにより、糸...続きを読む

末期腎不全患者の透析導入回避に向けた新しい取り組み
2016年6月12日

 「腎代替療法」は、末期腎不全によって腎臓が機能しなくなった後、腎臓の代替をする治療法の総称である。代表的なものは血液透析であるが、必ずしも血液透析を受けている患者数が末期腎不全...続きを読む

2015年版慢性腎臓病患者における腎性貧血治療ガイドラインの改訂意図を語る
2016年6月12日

 日本透析医学会は、2004年の「慢性血液透析患者における腎性貧血治療のガイドライン」、2008年の「慢性腎臓病(CKD)患者における腎性貧血治療のガイドライン」に続き、新しい治...続きを読む

鉄枯渇状態を招かないように、少量の鉄の定期的経口投与が、透析患者の予後改善に有用
2016年6月12日

 2008年の日本透析医学会「腎性貧血ガイドライン」では、鉄補充療法の開始基準が、「TSAT(トランスフェリン飽和度)が20%以下、かつフェリチン値が100ng/mL以下」と、非...続きを読む

エピジェネティクな遺伝子発現制御が副甲状腺の機能に及ぼすことは?
2016年6月12日

 細胞は外部の変化を受け、その性質を変化させる。時には、変化の原因となった刺激が消失しても、変化後の性質が維持され、さらに次世代の細胞に継承される。細胞の性質の変化とは、その細胞...続きを読む

海外の慢性腎臓病患者の貧血ガイドラインと、わが国の現況
2016年6月12日

 腎性貧血は、慢性腎臓病(CKD)の代表的な合併症のひとつで、わが国の「2015年版慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」は、腎機能障害の進展に伴って、発症頻度あるい...続きを読む

CKD-MBDの病態には酸化ストレスが深く関与する
2016年6月12日

 酸化ストレスは、さまざまな疾患を惹起する重大な要因として知られている。CKDにおいても、腎障害の進展や、骨代謝の異常、血管の石灰化、ひいては心血管イベントの発症というように、酸...続きを読む

FGF23上昇と生命予後との関連には心肥大が関与か?
2016年6月11日

 FGF23(Fibroblast growth factor 23、線維芽細胞増殖因子23)は、骨細胞や骨芽細胞で産生されて血中に分泌される、リン利尿ホルモンとして知られている...続きを読む

透析導入時の血清補正カルシウム濃度は生命予後と関連する
2016年6月11日

 透析導入患者の高い血清カルシウム(Ca)濃度は、予後不良因子であることが知られている。しかし、保存期から透析導入時の血清Ca濃度と予後の関係は、いまだ十分な知見が得られていない...続きを読む

前希釈方式のオンラインHDFは、透析患者の生命予後改善が期待されるが、高齢者ではアルブミン喪失等に留意
2016年6月11日

 近年、血液浄化法は様々な進歩をとげ、そうした発展的血液浄化法は末期腎不全患者の生命予後を大きく改善することが期待されている。中でも、わが国で急速に普及してきたオンラインHDF(...続きを読む

第61回日本透析医学会、大阪で開幕
2016年6月10日

 第61回日本透析医学会学術集会・総会が大阪で開幕した。本日、6月10日から12日までの3日間にわたって、わが国の透析医療にかかわる約2万人の医療者が一堂に会し、様々な発表や討議...続きを読む

学会速報一覧