m3.com トップ > 学会速報 > IDF Congress 2019(国際糖尿病連合(IDF)世界会議)

IDF Congress 2019(国際糖尿病連合(IDF)世界会議) (2019年12月2日~6日)

取材速報(全14件)

糖尿病における心不全治療の新たな選択肢:欧米のガイドラインにおけるSGLT2阻害剤の位置づけ
2019年12月11日

 2型糖尿病と心不全の合併は入院・死亡リスクを増大させる。近年の新規血糖降下薬には、MACEに対する安全性だけでなく心血管予後改善効果を有する薬剤も登場しており、特にSGLT2阻...続きを読む

糖尿病における心不全の病態生理とSGLT2阻害剤:予防・治療の可能性に期待
2019年12月10日

 心不全は糖尿病でよくみられる合併症であり、主要な病態は心筋線維化で、左室駆出率(LVEF)が保持された心不全のみならず、LVEF低下および拡張末期容積(LVEDV)増加も認めら...続きを読む

高齢者の独居は2型糖尿病と関連する:中国・瀘州市の疫学調査から
2019年12月7日

 近年、中国では独居の高齢者数が増加しており、その健康状態に注目が集まっている。特に糖尿病は高齢者に多く見られる慢性疾患であり、その発症は生活状態による影響を受けやすい。中国Af...続きを読む

H. pylori感染と糖尿病発症:中国の大規模前向きコホート研究
2019年12月7日

 Helicobacter pylori(H. pylori)と糖尿病の関連については一貫した結論が得られていない。中国Meinian Institute of HealthのB...続きを読む

腹囲増+高TG+低HDL-Cの2型糖尿病集団では癌の有病率が高い:中国の大規模データベース研究
2019年12月7日

 メタボリックシンドロームと一部の癌には関連が認められることが報告されている。中国Endocrine & Diabetes HospitalのLei Zhang氏は、大規模データ...続きを読む

2型糖尿病のイスラム教徒におけるラマダン断食は血糖コントロールに寄与する可能性がある
2019年12月7日

 2型糖尿病を有するイスラム教徒の多くは、高血糖、脱水、血栓症1)などのリスクがあってもラマダン期間には断食を行う。2型糖尿病では、一時的な断食が血糖コントロールに寄与すると考え...続きを読む

アジア人種における糖尿病の発症と進展を予測する新たなパラメータが明らかに
2019年12月7日

 2型糖尿病の進展抑制やインスリン抵抗性の低減には高血糖への早期介入が必要だが、無症状の患者群から糖尿病予備群を特定することは容易ではなく、高齢者では特に難しい。GDF15(Gr...続きを読む

2つの新世代MRAがCKD合併2型糖尿病患者の腎機能の改善に新たな道を開く可能性
2019年12月7日

 国際糖尿病連合(IDF)の報告書Diabetes Atlas2017年版では、2017年の時点での世界の糖尿病患者数は4億2,490万人にのぼり、2045年には6億2,860万...続きを読む

J-DOIT3アップデート:ランダム化1年後のHbA1cや収縮期血圧は腎イベントと関連する
2019年12月7日

 J-DOIT3は高血圧や脂質異常症を合併した2型糖尿病患者を対象に、血糖、血圧、脂質の厳格な強化療法の影響を検討した試験であり、その結果は2017年のThe Lancet Di...続きを読む

糖尿病患者を対象とする横断研究で骨格筋の減少が拡張機能障害のリスクとなることが再確認された
2019年12月7日

 近年の複数の研究で、骨格筋量の低下が心血管代謝疾患のリスクを高めることが報告されている。韓国Samsung Medical CenterのSung Woon Park氏は、糖尿...続きを読む

糖尿病性腎臓病(DKD)とは~糖尿病性腎症との違い、そのリスクや治療展望について~
2019年12月7日

 近年、「糖尿病性腎臓病(diabetic kidney disease:DKD)の概念が提唱されている。従来から用いられてきた「糖尿病性腎症(diabetic nephropa...続きを読む

脂肪肝や肝線維化を予測しNAFLD/NASH発症や進展抑制に寄与する可能性があるバイオマーカーが特定
2019年12月7日

 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は世界的に罹病率が高まっているにもかかわらず、米国FDAに承認された治療薬は未だなく、開発も遅れて...続きを読む

エンパグリフロジンに一貫した心血管ベネフィット:EMPA-REG OUTCOME(R)試験の事後解析
2019年12月6日

 EMPA-REG OUTCOME®試験の主解析では、CVD既往歴のある2型糖尿病患者において標準治療へのエンパグリフロジン上乗せにより、CVイベントがプラセボと比べ有...続きを読む

エンパグリフロジンの心血管ベネフィットと安全性:EMPRISE EAST ASIAから
2019年12月5日

 EMPRISE研究は、心血管疾患(CVD)の既往に関わらず、2型糖尿病患者を対象に、エンパグリフロジンの有効性、安全性、経済アウトカムをDPP-4阻害剤と比較したリアルワールド...続きを読む

学会速報一覧