m3.com トップ > 学会速報 > IDF Congress 2019(国際糖尿病連合(IDF)世界会議)> 取材速報

IDF Congress 2019(国際糖尿病連合(IDF)世界会議)  【開催期間:2019年12月2日~6日】

糖尿病における心不全の病態生理とSGLT2阻害剤:予防・治療の可能性に期待

2019年12月10日 

 心不全は糖尿病でよくみられる合併症であり、主要な病態は心筋線維化で、左室駆出率(LVEF)が保持された心不全のみならず、LVEF低下および拡張末期容積(LVEDV)増加も認められる。今回発表を行ったUniversity of Toronto/St. Michael’s HospitalのRichard Gilbert氏は「SGLT2阻害剤には浸透圧利尿作用があり、従来の利尿剤とは異なり、Hctの上昇および循環血液量の減少により、左室肥大を改善し心不全による入院(HHF)を減少させると考えられる... 続きを読む