m3.com トップ > 学会速報

ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)(2019年2月14日~16日)

NEW 新規アンドロゲン受容体阻害剤ダロルタミド、nmCRPCで無転移生存期間改善と良好な忍容性を示す
2019年2月18日 ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)

 非転移性去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)は、増悪および死亡のリスクが高いことが知られている1)。近年、nmCRPCに対するエンザルタミドやアパルタミド等のアンドロゲン受容体(AR)阻害剤の有効性が示されている一方、疲労や転倒、骨折... ...続きを読む

ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)の記事一覧

新着レポート

NEW 経口AR阻害剤ダロルタミドは血液脳関門通過能が低い-AR阻害剤3剤の比較より-
2019年2月19日  ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)

   去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)の治療において、血液脳関門(BBB)通過による中枢神経系(CNS)関連有害事象が発現するのは、アンドロゲン受容体(AR)阻害剤だけである。一方、経口AR阻害剤であるダロルタミドの第Ⅲ相ARA... ...続きを読む

NEW ASCO GU 2019、サンフランシスコで開幕
2019年2月18日  ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)

   2019年2月14日、the 2019 Genitourinary Cancers Symposium(ASCO GU 2019)がカリフォルニア州サンフランシスコで開幕した。これから16日までの3日間、世界各国から約4,400人が... ...続きを読む

NEW 膀胱全摘除術を行った尿路上皮癌に対する術後化学療法+RT併用は無病生存期間を延長する
2019年2月18日  ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)

   膀胱全摘除術(RC)を施行する膀胱癌では術前化学療法が標準治療であるが、RC後の術後化学療法の有用性は十分に確立されていない。そうした中、エジプトNational Cancer Instituteでは、RCを施行した局所進行膀胱癌患... ...続きを読む

NEW 上部尿路上皮癌への術後化学療法の有効性:pT2とpT3-4で異なる可能性
2019年2月19日  ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)

   上部尿路上皮癌(UTUC)への標準治療は根治的腎尿管摘除術(RNU)であるが、術後化学療法(AC)の有用性は明確ではない。ACの適応は、RNU後の病理学的所見に基づいており、理論的にはマルチモーダルな治療の適応症例をより正確に選択で... ...続きを読む

バックナンバー

第63回日本透析医学会学術集会・総会 (2018年6月29日~1日)
第82回日本循環器学会学術集会(JCS2018) (2018年3月23日~25日)
第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017年6月16日~18日)
第77回 米国糖尿病学会 (2017年6月9日~13日)
第53回 日本肝臓学会総会 (2017年6月8日~9日)
米国心臓協会学術集会(AHA2016) (2016年11月12日~16日)
第67回 米国肝臓学会議(AASLD 2016) (2016年11月11日~15日)
第76回 米国糖尿病学会(ADA2016) (2016年6月10日~14日)
第61回 日本透析医学会学術集会 (2016年6月10日~12日)
第60回 日本透析医学会学術集会 (2015年6月26日~28日)
第58回 日本糖尿病学会年次学術集会 (2015年5月21日~24日)
第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014) (2014年9月15日~19日)
第52回日本癌治療学会学術集会 (2014年8月28日~30日)
第32回日本骨代謝学会学術集会 (2014年7月24日~26日)
第59回日本透析医学会学術集会 (2014年6月12日~15日)
第57回日本糖尿病学会 (2014年5月22日~24日)
第58回 日本リウマチ学会 (2014年4月24日~26日)
第78回 日本循環器学会 (2014年3月21日~23日)
第80回 大腸癌研究会 (2014年1月24日~24日)
第22回 世界糖尿病会議(IDF2013) (2013年12月2日~6日)
第51回 日本癌治療学会学術集会 (2013年10月24日~26日)
第49回 欧州糖尿病学会(EASD2013) (2013年9月23日~27日)
第11回 日本臨床腫瘍学会学術集会 (2013年8月29日~31日)
テーマ:Targeting cancer with molecular and social networks
第73回 米国糖尿病学会(ADA2013) (2013年6月21日~25日)
第56回 日本糖尿病学会 (2013年5月16日~18日)
テーマ:糖尿病学の進化と絆
第53回 日本呼吸器学会 (2013年4月19日~21日)
テーマ:呼吸器病学のニューパラダイム
第77回 日本循環器学会 (2013年3月15日~17日)
テーマ:世界へ翔く日本の循環器病学
第85回 日本胃癌学会 (2013年2月27日~1日)
テーマ:融合と未来-Fusion and Future-
第26回 日本冠疾患学会 (2012年12月14日~15日)
テーマ:新たなHeart Teamの構築を目指して
第74回 日本臨床外科学会総会 (2012年11月29日~1日)
テーマ:Patient-oriented medicine and the best surgical practice 会長:呉屋 朝幸(杏林大学)
第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012) (2012年10月1日~5日)
開催地: ベルリン国際会議・展示場
第35回 日本高血圧学会 (2012年9月20日~22日)
テーマ:高血圧治療は究極の目標へ 会長:木村玄次郎(名古屋市立大学)
第19回 日本排尿機能学会 (2012年8月29日~31日)
テーマ:基礎・臨床医学を結集したQOL医療の発展 会長:後藤百万(名古屋大学)
第72回 米国糖尿病学会(ADA2012) (2012年6月8日~12日)
開催地: 米フィラデルフィア
第55回 日本糖尿病学会 (2012年5月17日~19日)
会長:渥美義仁(東京都済生会中央病院 糖尿病臨床研究センター長)
第21回 世界糖尿病会議:IDF2011 (2011年12月4日~8日)
開催地: Dubai World Trade Centre (UAE、ドバイ)
第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011) (2011年9月12日~16日)
開催地: Feira Internacional de Lisboa(ポルトガル、リスボン)
第71回 米国糖尿病学会(ADA2011) (2011年6月24日~28日)
開催地: 米サンディエゴ