m3.com トップ > 学会速報

ACC 2019 第68回米国心臓病学会(2019年3月16日~19日)

ダパグリフロジンはLVEFによらず心不全入院リスク減少させる:DECLARE-TIMI 58試験
2019年3月21日 ACC 2019 第68回米国心臓病学会

 2型糖尿病は心不全の確立した危険因子であり、SGLT2阻害薬は心不全による入院や心血管死のリスクを低下させることが報告されている。一方、左室駆出率(EF)とSGLT2阻害薬のベネフィットの関連については明らかになっていない。そこで、... ...続きを読む

ACC 2019 第68回米国心臓病学会の記事一覧

新着レポート

エンパグリフロジンは、急性心不全後の再入院や死亡率低下に関連
2019年3月21日  ACC 2019 第68回米国心臓病学会

   心不全入院後は、リスクの高い不安定な時期であり、半数以上が6カ月以内に再入院するとされる一方、死亡リスクも高い。また、心不全は入院を繰り返すために、医療システムへの財政的な影響が甚大であり、米国などでは、保険償還制度においても早期の... ...続きを読む

弁膜症に伴う心房細動患者でNOACはVKAより安全かつ有効
2019年3月21日  ACC 2019 第68回米国心臓病学会

   近年、各種ガイドラインでは、非弁膜症性心房細動(NVAF)患者への抗凝固療法として非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)の使用が推奨されているが、弁膜症(VHD)に伴う心房細動患者や、生体弁(BPHV)患者におけるNOAC投与につ... ...続きを読む

アリロクマブによるLp(a)低下の心血管イベント抑制への寄与度:ODYSSEY OUTCOMES
2019年3月21日  ACC 2019 第68回米国心臓病学会

   PCSK9阻害薬のアリロクマブは、急性冠症候群(ACS)を発症したLDL-C高値の患者を対象としたODYSSEY OUTCOMES(フォローアップ期間中央値2.8年)において、プラセボに比べて心血管(CV)イベント発生を減少させた。... ...続きを読む

二尖弁ASに対するSAPIEN 3を用いたTAVRの臨床転帰:STS/ACC TVT レジストリ
2019年3月20日  ACC 2019 第68回米国心臓病学会

   大動脈二尖弁は、大動脈弁置換術を必要とする若年患者のうち最大で50%を占める。経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)は、若年で合併症のない患者の治療選択肢となるため、大動脈二尖弁の頻度は高い。しかし、大動脈二尖弁は重要な臨床試験では... ...続きを読む

バックナンバー

ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム) (2019年2月14日~16日)
第63回日本透析医学会学術集会・総会 (2018年6月29日~1日)
第82回日本循環器学会学術集会(JCS2018) (2018年3月23日~25日)
第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017年6月16日~18日)
第77回 米国糖尿病学会 (2017年6月9日~13日)
第53回 日本肝臓学会総会 (2017年6月8日~9日)
米国心臓協会学術集会(AHA2016) (2016年11月12日~16日)
第67回 米国肝臓学会議(AASLD 2016) (2016年11月11日~15日)
第76回 米国糖尿病学会(ADA2016) (2016年6月10日~14日)
第61回 日本透析医学会学術集会 (2016年6月10日~12日)
第60回 日本透析医学会学術集会 (2015年6月26日~28日)
第58回 日本糖尿病学会年次学術集会 (2015年5月21日~24日)
第50回 欧州糖尿病学会(EASD2014) (2014年9月15日~19日)
第52回日本癌治療学会学術集会 (2014年8月28日~30日)
第32回日本骨代謝学会学術集会 (2014年7月24日~26日)
第59回日本透析医学会学術集会 (2014年6月12日~15日)
第57回日本糖尿病学会 (2014年5月22日~24日)
第58回 日本リウマチ学会 (2014年4月24日~26日)
第78回 日本循環器学会 (2014年3月21日~23日)
第80回 大腸癌研究会 (2014年1月24日~24日)
第22回 世界糖尿病会議(IDF2013) (2013年12月2日~6日)
第51回 日本癌治療学会学術集会 (2013年10月24日~26日)
第49回 欧州糖尿病学会(EASD2013) (2013年9月23日~27日)
第11回 日本臨床腫瘍学会学術集会 (2013年8月29日~31日)
テーマ:Targeting cancer with molecular and social networks
第73回 米国糖尿病学会(ADA2013) (2013年6月21日~25日)
第56回 日本糖尿病学会 (2013年5月16日~18日)
テーマ:糖尿病学の進化と絆
第53回 日本呼吸器学会 (2013年4月19日~21日)
テーマ:呼吸器病学のニューパラダイム
第77回 日本循環器学会 (2013年3月15日~17日)
テーマ:世界へ翔く日本の循環器病学
第85回 日本胃癌学会 (2013年2月27日~1日)
テーマ:融合と未来-Fusion and Future-
第26回 日本冠疾患学会 (2012年12月14日~15日)
テーマ:新たなHeart Teamの構築を目指して
第74回 日本臨床外科学会総会 (2012年11月29日~1日)
テーマ:Patient-oriented medicine and the best surgical practice 会長:呉屋 朝幸(杏林大学)
第48回 欧州糖尿病学会(EASD2012) (2012年10月1日~5日)
開催地: ベルリン国際会議・展示場
第35回 日本高血圧学会 (2012年9月20日~22日)
テーマ:高血圧治療は究極の目標へ 会長:木村玄次郎(名古屋市立大学)
第19回 日本排尿機能学会 (2012年8月29日~31日)
テーマ:基礎・臨床医学を結集したQOL医療の発展 会長:後藤百万(名古屋大学)
第72回 米国糖尿病学会(ADA2012) (2012年6月8日~12日)
開催地: 米フィラデルフィア
第55回 日本糖尿病学会 (2012年5月17日~19日)
会長:渥美義仁(東京都済生会中央病院 糖尿病臨床研究センター長)
第21回 世界糖尿病会議:IDF2011 (2011年12月4日~8日)
開催地: Dubai World Trade Centre (UAE、ドバイ)
第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011) (2011年9月12日~16日)
開催地: Feira Internacional de Lisboa(ポルトガル、リスボン)
第71回 米国糖尿病学会(ADA2011) (2011年6月24日~28日)
開催地: 米サンディエゴ