m3.com トップ > 学会速報 > 第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)> 取材速報

第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)  【開催期間:2011年9月12日~16日】

重篤ではない夜間低血糖が患者の日常生活や機能に及ぼす影響は過小評価されている

2011年9月17日 

重篤ではない低血糖は全低血糖イベントの大部分を占め、特に夜間低血糖は患者を不安にさせる重大な要因だが、その実態は十分に検討されていない。そこで米国カリフォルニア州The Brod GroupのM. Brod氏らは、重篤ではない夜間低血糖が糖尿病治療、睡眠の質、患者の機能に及ぼす影響について検討し、その結果を9月12~16日にポルトガル、リスボン市で開催された第47回欧州糖尿病学会(EASD)で報告した。 第54回 日本○○○○病学会の... 続きを読む