m3.com トップ > 学会速報 > 第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)> 取材速報

第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)  【開催期間:2011年9月12日~16日】

プライマリケアの2型糖尿病患者、期間2年で26%がうつに罹患

2011年9月19日 

2型糖尿病患者ではうつの有病率が約10%で、約30%が抑うつ症状を有していると考えられている。しかし、一度発症したうつがその後どのような経過をたどるのか十分な検討は行われていなかった。そこでオランダTilburg UniversityのG. Nefs氏らは、2型糖尿病患者を経時的に追跡して、うつの発症率だけでなく、再発/持続率についても検討し、その結果を9月12~16日にポルトガル、リスボン市で開催された第47回欧州糖尿病学会(EASD)で報告した。 ... 続きを読む