m3.com トップ > 学会速報 > 第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)> 取材速報

第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)  【開催期間:2011年9月12日~16日】

喫煙習慣は性差と体重増加の有無で補正後においてもメタボリックシンドロームのリスク因子

2011年9月18日 

これまでの疫学研究では、喫煙習慣がメタボリックシンドロームの有病率を上昇させることが指摘されている。今回、イタリアPistoia、Spedali RiunitiのF. Tesi氏らは、性差および過去の体重増加の有無で補正した後でも、喫煙習慣とメタボリックシンドローム発症に関連があるか検討し、その結果をG. Seghieri氏が9月12~16日にポルトガル、リスボン市で開催された第47回欧州糖尿病学会(EASD)で報告した。 第54回 ... 続きを読む