m3.com トップ > 学会速報 > 第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)> 取材速報

第47回 欧州糖尿病学会(EASD2011)  【開催期間:2011年9月12日~16日】

GLP-1受容体作動薬リラグルチドの血糖コントロール効果は推定される膵β細胞量にかかわらず良好

2011年9月18日 

2型糖尿病患者の血糖コントロールは、残存する膵β細胞量に依存すると考えられる。ドイツBochum市、St. Josef HospitalのJ. J. Meier氏らは、1日1回投与が可能なGLP-1受容体作動薬リラグルチドと他の血糖降下薬の血糖改善効果を、推定される残存膵β細胞量で層別化して比較検討し、その結果を9月12~16日にポルトガル、リスボン市で開催された第47回欧州糖尿病学会(EASD)で報告した。 第54回 日本○○○○病... 続きを読む