m3.com トップ > 学会速報 > 第21回 世界糖尿病会議:IDF2011> 取材速報

第21回 世界糖尿病会議:IDF2011  【開催期間:2011年12月4日~8日】

60%以上の肥満糖尿病患者、自身の体重をより低めに認識、スリランカ調査

2011年12月8日 

体重増加は血糖コントロール不良、さらには糖尿病合併症と深く関連しており、糖尿病治療では体重管理に常に注意する必要がある。体重管理を行うには、患者自身が自分の体重について正しく認識していることが重要と考えられる。今回、オーストラリア・School of Human Movement StudiesのR. Mallika Arachchige氏は、出身国であるスリランカの成人糖尿病患者を対象に、体重認識と減量への取り組みの関連性を評価する調査を実施し、その結果を12月4~8日にアラブ首長国連邦、ドバ... 続きを読む