m3.com トップ > 学会速報 > 第21回 世界糖尿病会議:IDF2011> 取材速報

第21回 世界糖尿病会議:IDF2011  【開催期間:2011年12月4日~8日】

インクレチン関連薬のHead-to-Headの比較、結果は?

2011年12月8日 

治療に伴う体重増加は従来の治療薬、特にSU薬、チアゾリジン系薬剤、インスリンなどでよく見られ、心血管リスクの上昇や患者のアドヒアランス低下を招く。その中でインクレチン関連薬は、体重増加への影響は少なく、血糖コントロールを改善できることが知られているが、一般的にDPP-4阻害薬は体重に対してニュートラルであり、GLP-1受容体作動薬は体重減少をもたらすと考えられている。カナダ・Mt Sinai HospitalのB. Zinman氏らは、リラグルチドとエキセナチド(GLP-1受容体作動薬同士)、お... 続きを読む