m3.com トップ > 学会速報 > 第21回 世界糖尿病会議:IDF2011> 取材速報

第21回 世界糖尿病会議:IDF2011  【開催期間:2011年12月4日~8日】

ヒトインスリン混合製剤30/50から二相性インスリン アスパルト30/50/70への切り替え、高齢者でも安全に実施可能

2011年12月10日 

高齢の2型糖尿病患者では低血糖を起こしやすいことが知られているが、二相性インスリン アスパルト30はヒトインスリン混合製剤30に比べて、低血糖リスクが低いと報告されている。そこで、ベルギー・Erasmus HospitalのL. Crenier氏らは、65歳以上の2型糖尿病患者においてヒトインスリン混合製剤から二相性インスリン アスパルト30/50/70に切り替えたときの有効性と安全性を検討し、その結果を12月4~8日にアラブ首長国連邦、ドバイで開催された第21回世界糖尿病会議:IDF2011で... 続きを読む