m3.com トップ > 学会速報 > 第55回 日本糖尿病学会> 取材速報

第55回 日本糖尿病学会  【開催期間:2012年5月17日~19日】

運動療法のさらなる普及には制度上の改善や、高齢者を想定した工夫が必要

2012年5月19日 

 糖尿病患者に対する食事療法は臨床現場で普及しているが、運動療法の普及にはまだ課題が残されている。日本糖尿病学会のアンケート調査によると、初診患者の90%以上に運動療法を実施していると回答した糖尿病専門医はわずか36%にとどまる。このような現状の背景には、保険点数といった制度上の問題に加え、多忙な日常診療の中で適切な運動療法を実施するためのガイドや人材、設備の不足が指摘されている。5月18日の「ディベートからコンセンサスへ」で「運動療法の治療ガイド作成へのロードマップ」が取り上げられ、順天堂大学... 続きを読む