m3.com トップ > 学会速報 > 第55回 日本糖尿病学会> 取材速報

第55回 日本糖尿病学会  【開催期間:2012年5月17日~19日】

ヒトインスリン混合製剤から二相性インスリンアスパルト30への切り替え、動脈硬化抑制の可能性示す

2012年5月19日 

 DECODE (Diabetes Epidemiology: Collaborative Analysis of Diagnostic Criteria in Europe)研究や舟形研究などにより、食後高血糖が糖尿病における心血管疾患の危険因子であることが報告されている。食後高血糖を是正するためには、食後の急峻な血糖上昇を速やかに抑制する必要があり、その点で超速効型画分と中間型画分を合わせもつ混合製剤である二相性インスリンアナログは、有効性が高いと考えられる。そこで、弘前大学大学院医学研究科... 続きを読む