m3.com トップ > 学会速報 > 第55回 日本糖尿病学会> 取材速報

第55回 日本糖尿病学会  【開催期間:2012年5月17日~19日】

超持効型デグルデク、日本人1型糖尿病でデテミルに対し非劣性、夜間低血糖リスク低下

2012年5月20日 

 インスリンデグルデク(以下、デグルデク)は、皮下投与後、緩徐に血中に吸収され、安定した血糖低下作用を示すことから、新しい基礎インスリン製剤として注目が集まっている。現在、国内外で臨床試験が進められており、その一つとして1型糖尿病患者を対象にインスリンデテミル(以下、デテミル)とデグルデクの臨床効果を比較検討したグローバル試験が行われた。そのグローバル試験の日本人サブ解析の結果について、せいの内科クリニックの清野弘明氏が5月18日の一般口演で報告。1次エンドポイントであるHbA1cの変化でデテミ... 続きを読む