m3.com トップ > 学会速報 > 第55回 日本糖尿病学会> 取材速報

第55回 日本糖尿病学会  【開催期間:2012年5月17日~19日】

DPP-4阻害薬からリラグルチドへの切り替え、治療満足度を維持しつつHbA1c・体重低下

2012年5月20日 

 海外で実施され、Lancetに報告されたDPP-4阻害薬シタグリプチンとGLP-1受容体作動薬リラグルチドの直接比較試験では、HbA1c低下効果や体重減少作用、患者満足度に関してリラグルチドの有効性が示されているが(Lancet. 2010;375(9724):1447-56)、日本の承認用量における検討はこれまで行われていなかった。今回、金沢大学医薬保健研究域医学系恒常性制御学の篁俊成(たかむら・としなり)氏らは、シタグリプチンで十分な効果の得られなかった患者を対象に、ビルダグリプチンあるい... 続きを読む