m3.com トップ > 学会速報 > 第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)> 取材速報

第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)  【開催期間:2012年6月8日~12日】

SGLT2阻害薬トフォグリフロジンが2型糖尿病患者のHbA1cを改善、用量設定第2相試験

2012年6月10日 

 新しい作用機序の糖尿病治療薬として現在、多数のSGLT(ナトリウム・グルコース共輸送体)2阻害薬の開発が進んでいる。第72回米国糖尿病学会(ADA)でも高い関心を集め、SGLT2阻害薬をテーマにしたセッションは超満員で臨時の聴講ルームが設営されるほどだった。このセッションで東京大学糖尿病・代謝内科の門脇孝氏はSGLT2阻害薬の一つトフォグリフロジンの用量設定第2相試験の結果を報告。門脇氏は12週間のトフォグリフロジン投与によって、2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善し、安全性に関する重大な懸... 続きを読む