m3.com トップ > 学会速報 > 第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)> 取材速報

第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)  【開催期間:2012年6月8日~12日】

糖尿病教育にデジタルゲーム、知識・自己効力感の点で冊子を用いた教育と同等の効果

2012年6月10日 

 糖尿病のABC目標(A=A1c、B=Blood pressure、C=Cholesterol)を理解することは治療目標到達の可能性を高めるが、患者の50%がA1cという言葉を理解できず、A1c目標値を知っている患者は25%未満に過ぎなかったという報告がある。糖尿病に関する患者の知識不足は、治療を行う上での課題であるが、この課題に対し、米国エモリー大学のDavid C. Ziemer氏らは、デジタルゲームと教育用冊子という2種類の「学習介入」を比較する調査を行い、その結果を6月9日の一般口演で報... 続きを読む