m3.com トップ > 学会速報 > 第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)> 取材速報

第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)  【開催期間:2012年6月8日~12日】

デグルデクで100人を1年間治療した際、グラルギンによる治療に比べ夜間低血糖を13件回避できる可能性

2012年6月11日 

 米国糖尿病学会は、メトホルミンもしくは経口薬の併用でも血糖コントロールを達成できない2型糖尿病患者に対し、基礎インスリンの導入を推奨している。インスリンデグルデク(以下、デグルデク)は、注射後、緩徐に血中に吸収され、ピークのない安定した血糖低下作用を示すことから、基礎インスリン製剤としての有用性に期待が集まっている。カナダ・マウントサイナイ病院のBernard Zinman氏は、経口薬を使用中でインスリン未治療の2型糖尿病患者を対象に、デグルデクもしくはインスリングラルギン(以下、グラルギン)... 続きを読む