m3.com トップ > 学会速報 > 第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)> 取材速報

第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)  【開催期間:2012年6月8日~12日】

毎日朝食をとると、週0-3回に比べ2型糖尿病発症リスクが34%低下

2012年6月13日 

 朝食摂取の重要性が従来、指摘されているが、2型糖尿病発症リスクと朝食習慣との関連は十分研究されていない。米国ミネソタ大学のAndrew O. Odegaard氏らは、心血管疾患の危険因子を検討した集団ベースの前向き多施設研究CARDIA試験のデータをもとに、朝食摂取頻度と代謝関連指標および2型糖尿病発症の関連を調査し、6月11日に報告。Odegaard氏は、1週間の朝食回数が増えるに伴い腹部肥満などのリスクが低下し、毎日朝食を食べる人で週0-3回の人に比べ、2型糖尿病発症リスクが34%低かった... 続きを読む