m3.com トップ > 学会速報 > 第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)> 取材速報

第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)  【開催期間:2012年6月8日~12日】

デグルデクでグラルギンに比べ低血糖低減、特に未治療2型糖尿病患者で顕著、第3相試験メタ解析

2012年6月13日 

 低血糖および低血糖に対する患者の恐怖は、インスリン治療で良好な血糖コントロール達成する上で、大きな障害となる。持効型のインスリングラルギン(以下、グラルギン)やインスリンデテミル(以下、デテミル)はNPHインスリンと比べ、ピークのない安定した血糖降下作用を有し、より低血糖リスクが少ないインスリン治療を実現した。この流れをさらに進めると期待されているのが、新しい超持効型のインスリンデグルデク(以下、デグルデク)だ。カナダ・マウントサイナイ病院のBernard Zinman氏らはデグルデクとグラル... 続きを読む