m3.com トップ > 学会速報 > 第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)> 取材速報

第72回 米国糖尿病学会(ADA2012)  【開催期間:2012年6月8日~12日】

デグルデクの投与間隔は大きく変化させても有効性と安全性に影響せず、1型糖尿病患者のtreat to target試験

2012年6月13日 

 現在、承認されている基礎インスリン製剤は、その薬物動態に基づき、毎日同一の時刻に投与することが推奨されている。この制限は患者の利便性を損ね、治療へのアドヒアランスを障害するおそれがある。新しい基礎インスリン製剤であるインスリンデグルデク(以下、デグルデク)は、24時間を超えてピークのない血糖降下作用が持続することから、従来の製剤に比べ、より柔軟に投与できる可能性がある。英国サリー大学のDavid Russell-Jones氏は1型糖尿病患者を対象に、投与する時刻を固定する方法と、フレキシブルに... 続きを読む