m3.com トップ > 学会速報 > 第19回 日本排尿機能学会> 取材速報

第19回 日本排尿機能学会  【開催期間:2012年8月29日~31日】

1日2回以上の夜間頻尿、メタボリックシンドローム発症を予測

2012年8月31日 

 夜間頻尿の発症メカニズムはいまだ不明な点が残されており、メタボリックシンドロームなど、泌尿器疾患以外との関連も大きいと考えられている。そこで福井大学医学部泌尿器科学の青木芳隆氏は、住民健診データの縦断的解析を行い、自覚可能な夜間頻尿が将来のメタボリックシンドローム発症の予測因子となるか検討し、8月30日の学会賞候補演題で発表。青木氏は2回以上/日の夜間頻尿があると、4年後のメタボリックシンドローム発症リスクが有意に上昇したと解説した。  対象となったのは、200... 続きを読む