m3.com トップ > 学会速報 > 第35回 日本高血圧学会> 取材速報

第35回 日本高血圧学会  【開催期間:2012年9月20日~22日】

現在の降圧治療下、低用量利尿薬で2型糖尿病発症リスク増加せず

2012年9月21日 

 利尿薬は心血管イベント減少に豊富なエビデンスを有するものの、糖尿病発症リスクなどの懸念が適正な使用を阻む要因となってきた。そこで、日本高血圧学会共催で日本人本態性高血圧患者を対象に、低用量利尿薬による2型糖尿病発症リスクを検討したランダム化非盲検比較試験DIME研究が実施され、研究代表者を務めた琉球大学大学院医学研究科臨床薬理学の植田真一郎氏が9月20日のLate-Breaking Sessionで結果を発表。植田氏は、種々の降圧薬が併用可能な現状では、低用量利尿薬による2型糖尿病の発症リスク... 続きを読む